札幌暮らし 3ヶ月目を迎えて

クリスマス

2015年10月から札幌暮らしを始めておよそ3ヶ月目に。

寒いには寒いものの、寒さは予想以上には厳しくなく、雪道を歩くにも慣れてきて、こちらでの生活に心地良さを感じるこの頃。

外出中は車の運転が荒いことが気になります(交差点とか道路とか、スピードを落とさず、歩行者無視で突っ込んでくる車が結構あります)が、「札幌は暮らしやすい!」と言われている理由が、体感的に納得できるようになってきました。

ポイントは生活の利便性

物価はイメージより安くないものの、賃貸は東京などの都市部と比べ安くて、おまけにスーパーで買える道産の食べ物が本当に美味しい!

じゃがいも、肉(特に十勝産のもの)、牛乳、普通の食材を買って調理しても、本当に美味しく、食が進みます。

また、買い物も不便なし。

札幌は街がコンパクトにまとまっているためか、買い物も便利。冬は地下鉄中心に移動になりますが、地下鉄も5分に1本くらいは電車が来るので問題なし。

雪の日でも地下鉄に乗って大通や札幌まで行けば、そこで大体の用を済ますことができます。

何か凝ったものが食べたかったり、パッとしに行きたければすすきのへ行けばOKで、札幌~すすきのの間、大体したいことはできる印象です。

私は本と服が好きなので、本を見に行くときは札幌駅の紀伊國屋書店やステラプレイスの三省堂書店、大通公園のジュンク堂へ。

服を見に行くときは大通の丸井今井やパルコ、札幌の大丸へ行っていますが、街がコンパクトでいろんなお店が一部のところに固まっているので、プラプラ店を見るのが楽しく、移動も買い物も便利。札幌の便利さを実感します。

立川や吉祥寺、御茶ノ水、池袋、秋葉原など、東京のような、雑多な便利さや刺激はないですが、街がコンパクトにまとまっている分、住みやすさ、便利さは間違いないなと思います

問題は冬の寒さ。ただし

何より朗報なのは、札幌暮らしで冬を迎え、恐れていた寒さの問題もどうやら、思っていたよりは、怖いものではなさそう、ということ。

「札幌=冬が寒すぎ」という印象でしたが、確かに死ぬほど寒い日もあるもののずっと雪が降っているわけでもなく、外出中もきちんと防寒すれば、我慢できる寒さです。

おまけに、今住んでいるマンションのなかはそれほど寒くないので、暖房ストーブをガンガンたかなくても、なんとかやっていけています(2015年が暖冬なだけ?)。

それにしても、まもなく1年が終わってまた新しい1年が始まりますが、まだまだ未経験なことがたくさん。

2016年も引き続き、札幌で新しい体験をし、こちらでしかできないことを、経験したいと思います。

コメント