札幌はガス代が高い?都市ガス物件の重要性を改めて知る

請求書

郵便ポストをチェックすると、12月分のガスの検針票が。

それを見ると、12月のガス使用量は91m3、請求額はなんと1万円突破の11,075円!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

11月も6千円くらいかかっていた(使用料は36m3)ので、「次は1万超えるかも?」とうすうす感じてはいましたが、やっぱり札幌での暮らしは、ガス代にお金がかかりますねぇ。

私の賃貸は都市ガス物件で、

・北海道ガスの「ゆ~ぬっく24ネオ」というプラン

・エコジョーズ(天然ガスを使った潜熱回収型ガス給湯暖房熱源機で、リビング、バスルーム、キッチンの給湯と暖房を1台でまかなえるもの)

というスペックで、お湯、お風呂だけでなく、ストーブもガスの物件になります。

プロパン物件よりは、基本的なガス代はお得な物件(のはず)になっています。それでも、ガスを使って快適な冬の暮らしをしようとすると、この通り、ガス代がけっこうかかります。

11月の終わりから寒くなってきて、ストーブは常時22度で設定(ガスストーブなので灯油不要)、お風呂はほぼ毎日、シャワー朝晩と使っていたので、ガスの使い過ぎなのは確か。ガス代が1万円超えてしまうのも仕方ないかも。

でも、都市ガスで1ヶ月これくらいお金がかかっていたら、プロパンだともっとヤバイかも・・・。

ちょっとガス代が気になって、「札幌 冬 ガス代」と調べると、ガス代に1万飛んでしまう人が結構多いみたいです(「札幌 冬 プロパン」と調べると、ガス代2万以上という話も ( ̄△ ̄;)エッ・・?)。

札幌の賃貸選びに「都市ガスは再優先条件」と聞いてはいましたが、確かに、ガス代のことを考えると、多少家賃が1~2万安かったとしても、トータル費用は都市ガス物件>プロパン物件となるのは間違いなさそう。

札幌では12月1月2月と気温が低い寒い日々が続くらしいので、生活するなら、ガス代のことを考えて生活していく必要がありそうです。

札幌での賃貸選びの考え方