急用は突然やって来る。札幌→名古屋へ

フライト中

2月23日午後、ジムでトレーニング。

気持ちの良い汗をかいていると、急遽名古屋の実家の事務所より急用の電話あり。そこで急遽すべての予定をキャンセル。

24日の飛行機を確保。千歳→中部名古屋へ。最低10日近くは名古屋で過ごすことになりそうな予感。

今回は急に飛行機のチケットを確保することになったので、片道だけで4万円ほど。

本当に札幌での暮らしは素晴らしくて、できれば今の生活スタイルを続けていきたいところですが、今回のように急な用事ができたとき、ぱっと移動するのに時間とお金がかかるのが難点です。

スポンサーリンク

人生には転機がある

それにしても2019年に入って、いろいろお金の出費が発生。

2018年後半にテレビが壊れたのをきっかけに、1月の東京出張ではコートの端が切れていることを発見、コート代がかかり、2月はコンタクトが破れてお金がかかり、そして今回に急な実家の事務所への航空代。

急な出費が続くときは人生の転機がやって来ている」という話がありますが、一体どんな転機がやって来るのか。

いずれにせよ、人生は変わりつつあるものであることを、予感しています。

変化を素直に受け入れる

まぁ起ることは起ること。

変化が起るときはそれに抗う意味はないので、そこで必要なことをするだけ。

人生先の見通しを立てたとしても、自分の思い通り。計画通りになるとは限りません。

予想外のことが起こったとしても、それは起る必要があったことと理解すれば、そういうものだと納得できます。

課せられた役割を果たす

個人的に幸いなのは、札幌での暮らしを始め、自分がしたいと思う人生を実現でき、非常に納得度が高い生活を送ることができた、という事実。

札幌の居心地の良さ。暮らしやすさは本当に素晴らしい。

すべてがすべて希望通りではないですが、それでも、80%近くは自分の理想とする生活ができたのは、僥倖。ありがたい、という他ありません。

ただ現状が未来永劫続かないのは確か。その時々の変化にあわせて、柔軟に対応できる自分でいる必要があることを実感。

とりあえず今は、自分の果たす役割を、しっかり果たしたいところです。

コメント