なぜ筋トレをするとこうも清々しい気持ちになれるのか?

腹筋トレーニング

2018年6月。

自分の衰えだらしなくなりつつある身体に心配を感じ、ジム通いをスタート。当初は週2回のトレーニングだったのを週3回のトレーニングに変更。

体が引き締まり、みるみる体力アップを実感。

それから油断して体重が増えてしまったものの、今度はメニューを変えてベンチプレスやスクワットなど、新しいトレーニングをスタート。

ジム通いのあとは最高にスッキリしている自分に気づきます。

これこそ生きたお金の使い方

市電で大通公園まで移動する電車代200円✕2=400円。トレーニング中の水分補給ドリンク130円✕2=260円。週3のトレーニングで1,980円。

それを週4で7,920円。月のジムの費用はおよそ7,000円ほど。合計15,000円ほど。

これが月のおよその費用ですが、コスパはまさに最強。

トレーニングを開始して、まだまだ理想の体型ではありませんが、腕は男らしく太くなり、Tシャツやポロシャツが似合うボディに。

そして目に見えて実感するのが顔のツヤ。そして体力増強です。おかげで以前よりも仕事に集中。こなせる仕事力がアップしたのは本当に驚き。

今では大抵、午前中に重要な仕事を片付けられるようになり、QOLが目に見えてアップ。

体を鍛えることはいろんなメリットがあることを実感しています。

筋トレで自分に克つ!

体力増強で集中力アップ。そして仕事力アップ。

別にムキムキになりたいとは思いませんが、体力アップで毎日の元気度がアップするのは、本当に素晴らしい。

だからなのか、ジム通いは今や楽しみに。黙々と体に負荷をかけて、黙々とメニューをこなす時間は、最高のリフレッシュタイムです。

もちろん、トレーニング中は辛くて、楽をしたい気持ちが出てきますが、それでも必要なセットをやりきる。

持てなかった重たいものを持てるようになる。このレベルアップが最高。なにより、トレーニング後のジムのお風呂が最高!

筋トレで疲弊した体がリフレッシュ。気分は上々で、家路につくことができます。

どうしてもっと早くジム通いを始めなかったのか。その点だけ少し後悔しています。

最高の人生を生きるための前提条件

多分、年を取るということは、今までできたことができなくなっていく過程なのだと思います。

特に体力の衰えは著しくて、すぐ疲れやすくなる。頑張りがきかなくなる。それによって、ガッツダウン。意欲ダウン。

人生守勢になり、保守的になっていくのは仕方ない話かもしれません。

しかし自分は人生一度切り。

どうせ今の自分という人生を生きるなら、できる限りこの人生で、最高の生き方がしたい。自分が心から納得できる日々を送りたい。

そう思い、この安定もなにもない、生き方を選択しています。

だからこそ人生を楽しむ大前提はまさに体力。体力が衰えたらメンタルも衰え、心は折れやすくなり、悲観主義に心を支配されてしまいます。

疲れてしまえば何もかもどうでもよくなる

35を超えて、どうにもこうにも自分は年を取っていく一方であることを考えさせられましたが、筋トレをスタートし、健康に留意。

すると以前のように疲れにくくなり、肉体的+精神的健康度もアップ。本当に、心と体はリンクしていることを、改めて実感させられることになりました。

体が衰え、疲れてしまえば心は踏ん張れないこと。だから自分の人生で最善を尽くすためにもまず健康。体力という資本が必要であること。

筋トレを始めて、そのことを実感しています。

結局人生、裸一貫になったとしても、自分さえ元気で健康なら。どうとでも生きていく道は見つかります。

だからこそ自分の元気。体力。意欲。そういったものを、ハイレベルで保てるように投資をしていく。

その意義は、長い人生、とても価値が高い自己投資になります。

最後に

今はこうして筋トレ後、この駄文を書いていますが、ベンチプレスやショルダープレスなどで追い込んだ腕はプルプル状態。

にも関わらず、精神は前向きで、元気いっぱい。気持ちはウキウキ、また早く、ジムに通いたい自分がいることに驚きます。

ライ○ップのように短期で結果を出して、スマートなボディを手に入れるのもそれはきっと、素晴らしいことなのかもしれません。

ただそれ以上に大切なのが、健康、体力が、人生の質に影響するかを、認識することだと感じています。

体を鍛え、体力増強。ストレス解消でリラックス。こうすることで、人生の健全度アップ。人生を楽しむ余裕を持つことができます。

ということで、筋トレでどんどん自分の人生の質をレベルアップ。目標はベンチプレス80kg。

今後年をとってもいろんな意味で元気いっぱいで暮らせる。そんな自分を目標にしたいところです。

コメント