哀愁漂う旋律が心に染み入るノスタルジックな曲『緋色の魂』のご紹介

動画のサムネ

楽曲にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

このページではAudiostockで販売、YouTubeで無料公開しているオリジナル曲『緋色の魂』についてご紹介させていただきます。

プロフィールはこちら

『緋色の魂』について

『緋色の魂』は哀愁漂う旋律と過去の世界へと心が追想するかのようなノスタルジックでレトロなサウンドが特徴の曲です。

語り部がその口から過去の歴史を物語るようなピアノの静かなイントロから始まり、哀愁漂う叙情的で力強いメロディが、内なる魂を鼓舞し、そして勇気づけます。

ただ何も考えず心を空にしてこの曲に耳をすませば、気持ちが安定し力がそれとなく湧いてくることでしょう。音楽でメンタル・デトックス。前向きな気持ちを取り戻したい方は本曲を聴いてみてください。

オリジナルVer

チャンネル登録する

ピアノ&ストリングスVer

楽曲データ

作曲年:2020年

制作環境:Logic ProX

使用楽器:ピアノ、エレピ、シンセサイザー、ベース、ドラムなど

テーマ&制作のきっかけ

2020年の6月のこと。2019年に訪れた北海道余市のことを思い出し、ネットで余市の街情報を検索。すると、ある興味深い記事を発見しました。

それは余市の歴史について書かれた、街のHPの記事でした。そこには余市が誰によって開拓されどのような歴史をたどったのか?簡潔に書かれています。

そこで強く気になったのは、余市は戊辰戦争で敗れた会津藩士たちが開拓をした土地であるということ。そして日本初のリンゴ「緋の衣」(ひのころも)が結実した土地であるということでした。

余市に入植した会津藩士たちは開拓に従事。苦難の末にリンゴの結実に成功。それを君主の松平容保公が孝明天皇から下賜された「緋の御衣」の色から名をつけ「緋の衣」とした、ということでした。

この逸話に興味を強く惹かれた私はAmazonで関連する書籍を検索。そこで見つけたのが余市での会津藩士たちの生き様を紹介する『りんご侍と呼ばれた開拓者 汚名を返上した旧会津藩士の軌跡』(中西出版)という本でした。

購入後、貪るように文字を追っていたのですが、読後はなんとも表現できない強い感動を覚えたのです。そしてその後すぐにひらめいたのが本曲『緋色の魂』です。

すべてを失いゼロから新天地に入植。苦難に負けず己の矜持を貫き激動の時代を生き抜いた人々の話は、厳しい時代に立ち向かう勇気を与えてくれます。

かつてこの日本に、逆境を乗り越えて誇り高く生き抜いた人々がいたことを、本曲を通じて一人でも多くの方に知っていただければ幸いです。

Audiostockで購入する

関連情報

A’s Music Channel

楽曲の二次使用について