世の中には、自分の目、自分の肌で感じてこそ分かることがある

昨日は昔からの仲間たちと再会。

昔からいろいろお世話になっていることもふまえ、旧交を温めつつも、新たな知見を獲得すべく関西の滋賀へ出陣。

御在所インター

琵琶湖へ向かうため、高速へ。トヨタ系の会社の盆休みは19日までということらしく、高速は混雑しています。

名古屋から滋賀大津までおよそ3時間。琵琶湖へ向かうと2019年の大河でお馴染みの明智光秀の城、坂本城が。

さらにその先に進み、比叡山延暦寺近くの比叡山坂本駅に到着。

比叡山坂本駅近くの石の立て札

ここから比叡山にアクセスできるとの話。ここからドライブに行くも、ケーブルカーに乗るも、いろんな方法があります。

比叡山坂本駅

とはいえ、土曜日ということもあり、道が混み、結局琵琶湖を巡るだけで時間が過ぎてしまったので今回比叡山行きは見送り。

ただ、面白いには、同じ日本でも、本当に街によって全然雰囲気が違うことが分かること。

それは、ただ一般道で車を走らせているだけで、その土地のオーラというか雰囲気というか、そういうものが明らかに違うことを実感できて興味深いです。

「孟母三遷」という言葉があるように、どの土地で育つか。そして、どの土地で子どもの教育をするか。

それはある意味、運命を決めるほどの大きな要素となりえます。

人は所詮環境の生き物。この意味で自分にとって、そして家族にとって最も生育環境の良い場所を選ぶことが、健全な暮らし。健全な成長をする上で最も優先事項が高い事柄である

そのことを実感します。

世の中、頭で考えていることと、実際の現実が違うことは多々あります。

だからこそ、外に出てそれを自分の目で確かめることが、物事の真贋。真実を知る上で大切なことなのだと思います。

このことが分かっただけでも大きな収穫。

ということで関西で有名な天下一品のあのこってりのらーめんを食べて社会見学は終了。

天下一品のラーメン

高速で名古屋に戻りますがやはりそこそこの混雑。

走っていると衝突事故で警察のお世話になっている車もちらほら。やっぱりこの時期は混みます。

とはいえ、何の事故もなく、無事に名古屋に帰還。

滋賀では社会人としてまた、新しい知見を広げることができ、世の中を広さを知ることができました。

こういう一つの一つの経験や知見こそが、まさに自分のフレームを広げ、新しい発想を生み出すチカラになります。

この意味で、昨日は貴重な自己投資の1日に。やはり、人生勉強だけでなく、自分で実際、体験することが大切ですね。