時代は常に動いている。そのなかで本当の安定を手にするためには

ステーキ

昨日は午前・午後と仕事をすませ、夜は長年お付き合いがある方々と会食。

名古屋から岐阜まで車を走らせ、昔話に花を咲かせつつ、ときどき立ち止まって過去を見つめることの大切さを実感。

美味しいごはんに楽しい時間、やはり、気のおけない仲間と会うと、心身の疲れも吹き飛びます。

特に接待させていただいた一人は昨日、足を運んだお店がとくに気に入ったようで、とても満足されたよう。

彼は日ごろから東京出張やら家庭のことや何やでいろいろ疲れがたまっていたようなので、しっかりリフレッシュしてもらえたのが嬉しいところです。

それにしても、近頃時代はどんどん変わっていっているのを実感。

久々訪れた岐阜の街もいろいろ寂しくなっているし、どの会社も、どの業界も、結局のところみな、生き残りに必死なのかも。

これから日本ではどんどん人口が減っていて、若い世代も減少。「パイ」も減っていく中、将来を見据えて、今どのような行動を起こすべきなのか。

楽しい時間を過ごしつつも、頭のなかではそのようなことを考えていました。

まぁ、時代は変ります。となれば、「もうこれで大丈夫なんだ!」という安定はありません。

だからこそ、時代がどうだろうが、自分の行く末歩む道は真っ直ぐ、曇りなき目で見つめたいもの。

常に自分自身が変わり続けること。成長し続けること。もしかしたら、それこそが本当の安定なのかもしれませんね。

コメント