結果に執着しなければ物事はなるようになる。2015年4月札幌滞在16日目

良い景色

札幌滞在16日目。

今日は午前から午後と、いろんな予定であっという間に時間が過ぎていく1日に。

まぁ、長い1日でしたが、今取り組んでいる問題について方向性が見え、今後どう対応すべきか、ヒントが見つかり安心。

今までは、結果にこだわるあまり、かえって物事がしっくりいっていませんでした。

しかし、「なるようになるさ」と結果や期待を放棄したところ、気が楽になり、納得できるようになりました。

今回の体験から学んだことは、結局結果はなるようにしかならないのだからあまり結果に執着しないほうがいいということです。

何かに取り組む時、目標を決め、結果についてある程度期待するのは大切かもしれません。

しかし、

「こういう結果を実現したい!」

と気合を入れ、鼻息を荒くすればするほど、物事の過程を楽しめなくなります。そればかりか、力み過ぎが逆効果になって、肝心の結果も期待はずれなものに。

しかし、一度、結果への執着を捨ててみると、これは不思議、物事の過程が楽しめるようになり、かえって良い結果になります。

執着すればするほどどんどん心に余裕がなくなり、期待とは裏腹に、結果は遠のいていく。

しかし、結果には期待せず、状況や成り行きを楽しんでいくと、なぜか思った以上の結果が得られることも

人生とは本当に不思議なもの。こういうことがあるから、私は目標にこだわるのが苦手なのかもしれません。

何かに頑張っていて、どうしよもなく心に余裕がなくて、苦しくなってしまうときは、それは多分、「こういう結果が欲しい!」と自分で自分を追い詰めているからなのかもしれません。

頑張っていて苦しいときは、自分のなかの執着心を一度捨て、状況を、一期一会の経験だと思い、思い切って楽しんでみる。

思い通りの状況にならなくてもOK。期待通りの方向に進まなくてもOK。いずれにせよ、今経験していることは人生で一度きりの体験

結局、結果はなるようにしかなりません。全力を尽くして、やることをやっていけば、なるようになるはず。

もしかしたら、これが人生の幸福度を高め、人生経験を楽しむコツなのかもしれません。そんなことを学んだ1日でした。

コメント