オランダ、アムステルダム2日目

オランダ2日目です。今日は朝早くホテルを出、風車で有名なザーンス・スカンスへ。アムステルダムの駅から、バス1本で行けます(391番バス)。

朝早くついたので、あまり観光客もおらず。とても静か。

ザーンス・スカンスに到着

正直に言いますが、この景色は最高でした。今まで旅行した数ある場所のなかで、最高クラスの素晴らしい場所でした。空気もきれいで、風も気持ちいい。まるで時が止まったかのような場所です。

風景

川にはアヒルが。アイルランド生まれの詩人、ウィリアム・アリンガルが歌った詩、A Memoryを思い出しました。

Four ducks on a pond 池には四羽の鴨

A grass bank beyond, かなたの岸辺には緑の草

A blue sky of spring, 春の青い空

White clouds on the wing; 流れる白い雲

What a little thing 取るに足らない小さなこと

To remember for yearsー なぜか年とともに思い出す

To remember with tears! 涙とともに思い出す!

(岩波文庫、イギリス名詩選より)

川で泳ぐアヒル

歩いていると風車が。こんな感じの風車が結構あります。

風車

それにしても、ここは歩いているだけで良い気分です。時間も朝の8時くらいだったので、観光客もほとんどいませんでした。おかげで、静かでのんびりと、ザーンス・スカンスの観光ができました。

風景が素晴らしい

どうやら朝早く観光に訪れたのは正解だったようで、8時30分くらいから、観光バスがどんどん来て、大量のツアー客が登場。静かな田園風景は、瞬時ににぎやかに。

いたるところ、人、人、人。のんびり観光できなくなったので、あきらめてお土産屋に。すると工芸品の作り方を教える試演が行われていました。

工芸品の作り方の試演会

ザーンス・スカンスの見るところもすべて見て、ミュージアムへ。そこでコーヒーを飲みながら休憩しました。

コーヒーと絶景

帰る頃にはツアーバスがいっぱい。もしも、ザーンス・スカンスを楽しみたいなら、早い時間(できれば7時30分くらいに行く)のがおすすめ。

8時くらいに行くのと、9時10時に行くのとでは、おそらく100%、ザーンス・スカンスの印象が違います。

ツアーバス

ザーンス・スカンスの観光を終え、バス停へ。ちょうどタバコを吸っている恰幅の良い女運転手さんがいたので、話かけてチケットを購入。世間話をしていたらいろいろ教えてくれて楽しかったです。

アムステルダム中央駅まではバスで40分ほど。切符は運転手さんから買えます(割高になるようですが、楽なので私はこれでいいです)。

アムステルダム中央駅

その後電車に乗り、オランダ中央のユトレヒト(Utrecht)へ。

ユトレヒト周辺

歩いていると雨が降り出したので、傘を買って散策。

塔が見える

街を一通り歩いたら夕方になったので、また電車に乗ってアムステルダム中央駅へ。これで今日の探索は終わり。オランダ観光も今日でおしまいです。

明日はドイツに向かいます。

コメント