Audiostockの審査は厳しい?700作品以上登録して気づいたこと

Audiostock販売ページ

このページではオリジナル曲を販売できるサイト、Audiostockに登録→審査を受けた感想をまとめています。

Audiostockに登録しておくことで、曲を無料で販売できるほか、YouTubeのContent IDも取得することができ、安全に曲をYouTubeで公開&宣伝することができます。

スタートアップのサービスとしてはとても便利なのですが、一点課題があります。それは、Audiostockの審査に通らなければいけない、ということです。

そこでこのページではAudiostockの審査はどうなのか?個人的に感じたことをこちらで率直に書いています。Audiostockで楽曲を販売したい方の参考になれば幸いです。

はじめに

Audiostockを利用するにあたって、本人確認書類を提出し、クリエイター登録を完了。その後、楽曲をアップして審査を受けることになります。

私の場合2020年2月よりAudiostockスタート、10月より本格的に作品登録をスタートし、2022年5月現在、700以上の作品を登録しています。

そのなかで、審査を申し込んですんなり販売開始された曲もあれば、修正依頼をクリアして販売開始された曲もあります。以上の経験をもとに、気づいた内容をこちらでシェアします。

販売中のBGMはこちら

審査に落ちる原因は?

2020年2月にAudiostockを知り、2020年10月より本格的に作品制作に挑戦。

個人的な体感としては、細かい点まで審査が行われるものの、原則的(99%)には根拠なしに審査にはねられることはないと感じています。

実際に700作品以上の審査に合格した結果分かったことは次の3つです。

1・ノイズやアタック音に問題はないか?

2・曲の終わりの残響の長さは自然か?

3・(曲の「良し悪し」というより)「商品として」問題がないかどうか?

今回、私が作品の審査を申請して「要調整」を要求されたのは上記1と2のケースです。

審査を申請すれば最短で当日中(ライセンス販売審査を依頼後2時間〜36時間以内程度)に販売開始の連絡が来るのですが、審査に合格できない場合は「ここがおかしいので調整してください」というメールが来ます。

審査結果のメール

指摘された問題を修正することによって、楽曲が登録されます。

審査で気になったこと

現状、作品の「最終的」な合格率は100%になっているため、個人的に審査が厳しいという印象はありません。

ノイズや残響など、修正を求められることはありますが、該当部分を直せば審査に合格し、作品のライセンスを販売することができます。

ただ、700作品以上審査を受け曲を販売した経験から一つだけ、率直に感じたことを書くと、ごくまれ(1%)に「?」という調整を依頼される場合もあります。

問題となるのは「ノイズの混入」や「アタック音」の指摘なのですが、特に「ノイズの混入」については、指摘された箇所の確認が難しかったり、使っている楽器の音それ自体がノイズ判定される場合があります(後述)。

そのほか、初回審査時は、タイトルや説明文、タグの問題?(不一致など)などで審査が進まない可能性にあります。

例えばAudiostock公式サイトの審査の注意点にも書いてあるとおり、「不適切なタグ付け」は不合格の原因になるので、その点は注意する必要があります。

「この作品を商売として売りますが、そのラベルに間違いはないですか?」という点に注意し、説明文やタグ付けをして審査を依頼することが前提条件です。

原則的に審査で楽曲そのものの「良さ」「悪さ」は問われない気がします。

審査についての仮説

「ごくまれ(1%)に「?」という調整を依頼される場合もあります」という点の補足です。

基本的に審査は決して厳しくはないと感じていますが、一点だけ正直思ったことをそのまま書くと、ほんとうにごくまれに、「?」と思う結果が出るときがあります。

たとえば指摘された点を確認できないない状態で曲の調整を求められるケース。

販売後定期的に単品購入いただき、毎月の定額制プランでもダウンロードランキングに入ってくるある作品は、初回の審査時「ピアノのアタック音が強い&ホワイトノイズがある」という理由で調整を要求されました。

指摘された点について何度も慎重にチェックして相当の時間を使いましたが、具体的にどこがどうノイズなのかを私自身の耳ではいくら確認しても確認することができませんでした。

そこでピアノのペロシティを全て調整。3回再審査を出しましたが毎度同じ文言がコピペされた調整のお願いが来ました。その後どうなったか?リテイクではなく、「新規登録」で申し込んだところ一発で審査に合格しました。

作品を登録して似たようなケースを何回か経験しました。

過去の例としては、一度バリエーション音源として審査を申請して合格した曲をYouTubeのContent ID取得のために削除、再審査に出した曲が「ノイズあり」でリテイク調整になったことがあります。

指摘された部分を何度確認してもノイズは発見できませんでした。つまり一度審査に通っている音源でも「審査する人」によってリテイクを要求される場合があります。

その他の経験としては、主音源を登録しそれが見事に合格したのち、テンポや調を変えたバリエーション音源を登録。音の強さ等はいじらず出しても、「◯秒部分にノイズがあります」という指摘を受ける場合があります。

音は同じ強さですし、調整も同じ。そして何度指摘された部分の音を確認しても、指摘された問題を確認することができません。こういうことが、たま(1%)に起こります。

なぜこのようなことが起こるのかというと、審査する人という要素が一番大きいかな、と。人が審査している以上、どうしても捉え方に違いが出てしまうものでしょう。

審査に通らないときは

万が一「ノイズ混入」「ホワイトノイズ」うんたらの指摘を受けて該当部分を確認した結果、問題を確認すれば当然修正します。作品は商品です。おかしいところを修正するのは当然の話です。

が、もしも「すいません、その問題を確認することができないのですが」という結論に到達した場合。

該当部分の音を思い切って削除したり、リバーブの調整や再ミックスダウン、もしくは使用楽器そのものを変更するなど「微調整」を施すことで、次の審査で合格する可能性があります。

その場合、あなたが想定した作品とは違った形になってしまうと思いますが、納得できない場合は、その作品を登録しないというチョイスもあるでしょう。

あなたが作った作品のオリジナリティを大切にしたい場合、一度作品を削除し、また時間を置いて「新規」で申請した場合、あっさりと通る場合もあります。これは「審査結果について」というメールをもらったときも同じです。

結局、人が審査する以上、曲の印象や品質についての見解に違いが出てしまうのは自然な話。「そういうもの」と割り切りのが良いと思います。

自分の提出作品の品質に責任を負うのは作品の作り手である自分自身です。繰り返しになりますが、明確なノイズ混入が判定できる場合や指摘されて明らかにおかしい点は調整して提出します。

まとめ

ということで、最後にAudiostockの審査で分かったことをまとめます。

1・提出する作品は「商品」として売ることを前提に出すことが大切。

2・登録前にノイズチェックなどの「品質管理」にはしっかり時間をかける。問題の指摘を受けた場合、該当箇所を丁寧に確認する。

3・曲を登録時は説明文やタグなど作品の楽曲にふさわしいものを選ぶ。

4・指摘された部分をチェックした上で「指摘された問題が認識できない場合」もしくは「(明確に)それはノイズではない」ことを販売者として確信できる場合、音それ自体を変えたり、音を削除するなどして対応する

といった立ち回ることで、販売までこぎつけることができます。

審査については時々「?」ということが起こりますが、大切なのは作り手として「この作品を商品として売りたいです!」と思う曲を提出することだと思います。

更に審査について追記

なぜ「ノイズ」で作品の修正を要求されるのか?更に一つ分かったことがあるので、こちらに追記します。

作品を提出し、「ノイズがあります」と指摘される場合、ここで重要なのは「ノイズ」という言葉の認識です。結論から言うと、あなたが「音」として使っている楽器が「ノイズ」として判定される場合があります。

審査員の方が「この音はノイズである」と判断した場合、それは「ノイズが混入しているので修正してください」となると推測されます。

例えば、2022年1月に一つの作品を登録したのですが、審査で「複数箇所のノイズ混入」を指摘され修正を求められました。それで通常のとおり指摘された部分のノイズを探したのですが、見つかりませんでした。

それで改めて、指摘された箇所と、MIDIのデータを見比べたところ、一つの結論に達しました。それは、シンセサイザーの低音の音色が「ノイズ」として捉えられた、ということでした。

こちらはノイズ混入を指摘された作品のデータです。

楽譜データ

これはシンセサイザーの音なのですが、ノイズとして指摘された箇所が、低音の音(ラ→ミ→ファ→ミ)が入る部分だったのです。

つまり、「楽器の低音の響きがノイズとして判定されていた」のですが、サステインの短い音だったので、おそらくそれが審査員の方にはノイズとして捉えられたのでしょう。

そのほか「トレモロ」による音のゆらぎがノイズ判定されたりと、「ノイズ」という指摘を言葉どおり理解しようとすると、「どこにノイズがあるのか?どこを直せばいいのか?」と困惑する可能性が極めて高いと言えます。

おそらく、このようなケースは他にもあると思われます。なので、ノイズの修正要求=必ずしも「いわゆる」ノイズの混入ではなく、楽器の音や音符自体を、審査員の方にノイズとして認識された可能性があります。

この場合、それらの音を削除する、もしくは使用楽器を変更することで、審査に通る可能性があります。更に気づいたことがあれば、こちらで追記します。