2018年の終わりを迎えて

美しい夕日

毎年毎年、同じことばかり言っているような気もしますが、本当に1年が終わるのが早い。

あれよあれよと時間が過ぎて、結局大晦日には、もう1年が終わってしまう。なんだか、本当に慌ただしく時間が過ぎていくのを実感しています。

2018年という1年は

2018年は世の中、いろんなことがありますが、自分的にも新年早々から新しい経験あり。

自分にとって本当に大切なこと。大切でないこと。

その区切りというか、違いをハッキリと認識することができた、貴重な経験をすることができました。

結局自分は自分で人は人。誰かにとって最善の方法が、自分にとって最善の方法ではないこと。

自分にとって大切なことは、結局自分が一番、よく分かっていることを再確認することができました。

ほんの少しでもプラスなら

仕事の面では結果的にほぼ現状維持で、正直なところ努力が目に見える結果につながったとは言い難いのは事実。

とはいえマイナスにはなっていないこと。プラスにはなっていること。そう考えると、プラスに進んでいくにもそれ相応の時間がかかるのかもしれません。

しかし、旧来のマイナスであった諸々の行動については完全にカットでき、その意味では大きな改善が見られたのは確か。

また、筋トレや習い事の世界でも進歩と上達を実感。少なくとも、2018年は無駄な1年ではなかったことを実感しています。

自分原則を大切にして

ということで、2018年のことは2018年のこと。

これから先、世界も自分もどうなっていくかはわかりませんが、結局いつも旅の途中。すべては過程。過程を経験することそれ自体に意味があり。

何があろうともその時々最善を尽くす。自分を信じて前に進む。自分が大切にしたいことを大切にする。

その気持ちを忘れないようにしたいところです。

さて、残り1年もあとわずか。ラストレムナントをやって、夜は1年の総括&ゆっくり静かな年越しの時間を過ごそうかな。

コメント