新居に引っ越して1ヶ月経った感想など

二十四軒・琴似エリアから伏見・山鼻エリアに引っ越してきて1ヶ月。

今の物件にも慣れ、前よりも明るく広々とした部屋で、新しい生活を楽しんでいるこの頃です。

山の方へ歩けば宮越屋珈琲があり、山側から札幌の街を一望できます。ここらへんは散歩しているだけでリラックスできます。

伏見の宮越屋珈琲

それと今回の生活で一変したのが食生活。

近くにはこちらの「やまもとフーズセンター」というスーパーがあるのですが、ここがすごい!

おすすめスーパー

安いだけでなく、とてつもなく物がおいしい!特に肉と魚。

こちらの富良野産の豚肉は安いのにほんとうにおいしい。近頃は十勝の豚丼のタレを購入して、富良野産の肉で豚丼を作るのがマイブーム。

あと、時々売られている北海道産牛肉のステーキも絶品。国産の肉は旨味と繊細さが違うのを実感します。

絶品の肉

そして特にやめられないのがこちらの刺し身。

なんで「こんなに美味しいのか!」と仰天してしまうような刺し身を味わうことができます。この前食べた甘エビやサーモンといったら、油がノリまくっていて舌がとろけそう。

舌がとろける刺し身

おまけに地産物の野菜も最高。レタス、ミニトマト(甘みがヤバイです)、買うものは地産物ばかり。

このような感じで、食べ物が美味しすぎて、エンゲル係数がヤバイ状態になっています。

いやぁほんと、どうしてこんなに普通のスーパーで売っている肉や魚がこんなにも美味しいのか。これだけでも引っ越してきた甲斐があるというもの。

そんな感じで、日々美味しいものを味わえる。その幸せを噛みしめるこの頃です。