北海道唯一の城下町、松前で桜を満喫。2018年5月 道南観光1日目

札幌で暮らしてはや数年。

「せっかく札幌に住んでいるなら、北海道のいろんなところへ行きたい!」

と思っていたところ、お仕事の勉強で知り合った方から、

「松前には行ったことがある?5月は桜がすごくきれいだよ!」

という話を入手。

行ったことがないことを先方に伝えると、

「それなら松前に連れって行ってあげるよ。宿泊は函館にしよう」

という話。

今回はご好意に甘え、連れていってもらうことに。

ということで札幌から南下。高速に乗って車に乗っていると、そこにはまさに「北の大地」という言葉がぴったりの絶景が。

パーキングエリアからの絶景

今回の第一の目的地は北海道唯一の藩があった松前。そこで八雲から高速を降り、一般道から日本海側へ車を走らせていきます。

江差らへんから見える日本海

江差の近くには幕末ファンにはおなじみの開陽丸の記念館が。

開陽丸博物館

沈没した開陽丸を復元、そのなかは博物館になっており、沈没した場所からサルベージで引き上げた品々が公開されています。

開陽丸

江差から更に南に下っていよいよ松前に到着。

しかし何はともあれまずはご飯。マグロが有名らしいレストランにて、マグロ丼を食べてエネルギーをチャージします。

マグロ丼

ご飯を食べたらいざ城へ。

今回はまさにベストタイミング。桜が素晴らしく、そして自由に咲き誇っています。

満開の桜

ここが北海道唯一の旧式の城、松前城。

松前城

戊辰戦争では旧幕府軍の攻撃によって奪われ、藩主は逃げた先で病死、藩主の5歳となる娘は逃げる途中で亡くなってしまったとのこと。

悲しい歴史がある城ですが、国破れて山河在り。城春にして草木深し。今や素晴らしい桜の名所になっています。

天守閣からは日本海が一望。昔はここから北前船が出発、本州との交流をになっていたと思うと、感慨深いものがあります。

天守閣から見える景色

城の近くには、当時の藩屋敷を再現した場所も。

松前藩屋敷

呉服屋や旅籠屋、当時の面影を想像することができます。

旅籠屋

ということで、松前観光を楽しんだあとは、本日の宿泊地、函館に向かいます。

距離でいっておよそ100km。車で2時間ほどかかって函館に到着。さすがにかなりの距離を移動したので体力的にクタクタ。

宿で休み、英気を養い、次の1日を楽しみます。

コメント