札幌池坊展を見学して思ったことは

先週7日から昨日12日まで、札幌丸井今井で華道展が開催。

先生や同じ教室の先輩が作品を出展しているので、見学に行ってきました。

札幌池坊展

会場入口でチケットを渡します。

会場入口

初代池坊専好を主人公にした映画『花戦さ』が公開中で、映画のPRが行われています。

『花戦さ』映画モニター

会場に入ると映画で使われたらしい衣装が展示されています。

『花戦さ』映画衣装

さて、それで作品の見学。

現代的で可愛らしい、しかし上品で清楚なものを始め、伝統的なものまで、様々な作品が展示されています。

写真OKなので、気になった作品をアイフォンで撮影。

・作品1

作品1

・作品2

作品2

・作品3

作品3

・作品4

作品4

・作品5

作品5

・作品5

・作品6

作品6

・作品7

作品6

華道展の外では華道グッズの販売コーナーが。八つ橋も売っていたので、つい食べたくなります。

華道グッズ販売コーナー

こんな感じで、初心者の私としては、いろんな作品を見ることそれ自体が、とても勉強になりました。

自由花は同じ花材でも、作る人によって形が違う。そして、それは人によって変幻自在。

やり方次第で作品はガラリと変わる。この創造性が刺激されるところが、とても面白いと感じています。

ところで先週から札幌は寒くて、少し肌寒い日々が続いていました。昨日なんて、「6月なのになんでこんなに寒いんだ?」というくらい風が冷たい。

6月で10度台。薄手のジャケットで外に出たのを後悔しましたが、ビルの中とかデパートのなかは暖房がガンガンきいているので少し暑い。

札幌の天気

暑すぎるのも勘弁ですが夏が近づいているのに寒すぎるのも勘弁。風邪を引かないよう、気をつけよう。

フォローする