新居に引っ越して一週間暮らした感想

早いもので新居に引っ越してからもう一週間。

部屋の片付けはすっきりすませ、近隣ににも挨拶をし(居留守で出てくれない家もありましたが)、一通りは新しい暮らしのためにするべきことを完了。

少し余裕が出てきたこの頃。

それで近頃は運動不足を解消するためにウォーキングを日課に。今のマンションからは歩いて伏見稲荷に行くことができるし、街並みに山が映えて映るので、とても風情があります。

伏見稲荷

やはり、藻岩山山麓道から見える札幌の街並みは素晴らしい。伏見の高台は生活に不便かもしれませんが、夜景は最高だろうなぁ。

藻岩山山麓道から見える景色

それにしても、山鼻・伏見エリアは市電なので、もともとは暮らす予定が全くありませんでした。

しかし実際に住んでみると、札幌駅へのアクセスが不便になったくらいで、住み心地はかなり良いのが正直なところ。

物件の場所を「この場所!」と限定しないことの大切を実感しています。

気になっているのが市電を待っているときくらいと時間によっては著しく混雑するくらいですが、大通公園までは20分程度で行けるので、まぁ許容範囲かな、と。

ということで、最低限これから2年間は今の物件で札幌暮らしを楽しみたいところ。

あと気がかりなのは前の物件の敷金が返ってくるかどうか。そこだけは、バリっと決めたいところです。

フォローする