「小江戸」川越を観光。在りし江戸に想いを馳せる

埼玉県マップ

昨日で今回出張の目的だった一番の仕事は終了。

今日はどうしようかなと思っていたところ、仕事お会いした埼玉に住んでいる人が、

「埼玉はいいところですよ、川越とか観光がおすすめですよ」

と言っていたことを思い出し、せっかくなので川越を観光することに。

ということで京浜東北線に乗り大宮へ。

大宮駅

大宮駅で川越線に乗り換えおよそ15分ほど、川越駅へ到着。

川越駅

ここから徒歩で川越観光。

案内所のおねいさんに教えてもらった道を進みます。どうやら、ここがメインの通りらしい。

賑わう通り

川越の有名デパートの入り口で金の豚を発見。それともクマ?何にせよ、縁起がよさそう。なんとなく。

金の豚

川越ではうなぎを食べたいと思ったものの、空腹にはかなわず。目に飛び込んできた名古屋コーチンのラーメン屋へ入店。

ラーメンに入っている煮玉子がいらなかったので、「あらかじめ卵抜きで」とお願いしたところ、お店の方から「それなら麺を大盛りにするよ!」というツイてる提案が。

名古屋ラーメン

ということで、お腹いっぱいラーメンを食べたので、歩いて川越観光の中心地へ。

歩いていくとところどころ、歴史を感じるお店が軒を並べています。

昔ながらのお店

こちらは開運や縁結びで有名な熊野神社。いろいろ歴史が深そう。

熊野神社

昔のこういう建物って、ほんとうにいいなぁと思います。

おしゃれなお店

なんというか、観光地という感じで、独特の雰囲気がいいです。

恵比寿さんの像

川越駅から歩いておよそ20分ほど、39号線のとおりの観光の中心部へ到着。

39番の通り

こちらでは閑静なお寺。

寺

そして有名な時の鐘があります。いやぁ、ほんと、「小江戸」という感じ。

時の鐘

スタバもありますが、川越仕様。こういう、周囲に溶け込んだデザインはいいですねー。

川越のスタバ

ということで川越観光を楽しみましたが、川越城があったことを完全に失念。

東京へ戻る電車に乗っているときにそれに気づき、非常に無念。

それはさておき、せっかくなので上野からブラ歩き。御徒町へ向かう道を通りましたが、ここはほんと独特。

上野→御徒町の商店街

六本木に行っても思いましたが、東京はほんと、街ごとにガラリと雰囲気が違って、それぞれ独特の文化があります。

だから東京は刺激的で、面白い街なのかもしれません。

ということで、今日で東京出張も終了。明日は札幌へ戻り、再び札幌での生活スタート。

でも、また来月あたり、今のままだと東京へ再度出張がありそう。

今度も仕事をバッチリ片付け、色んな意味でチャンスを広げていきたいところです。

2018年9月東京出張まとめ記事へ