自分の人生を切り開く覚悟を決める場所。北海道神宮を歩く

大人として恥ずかしくない教養力を身につけたい。そして、いろんな意味でツイてる人になりたい。

そんな下心をこっそり抱いていると、『成功者の自分の時間研究』という本のなかに、「人生で成功する人は神社仏閣に詳しく、何度も足を運んでいる人が多い」という記述が。

あらゆる意味で人生成功している人がこっそりしていること。『成功者の自分の時間研究』を読む

脳みその回路が単純できている私としてはツイてそうな話を聞いたら即実践。

ということで、馴染みの美容院に行ったついでに、北海道の総鎮守である北海道神宮へ足を運ぶことに。

月1で通っている場所ではありますが、今回はじっくり、改めて北海道神宮の素晴らしさを実感するため、丁寧に神宮を見て回ります。

まずは最寄り駅の地下鉄円山公園駅へ。

そこから徒歩5分ほど、円山公園があるので、そこからエンター。

円山公園入り口

公園内は木々が溢れ、桜が咲き始める5月から6月はまさに新緑で最高。

個人的には桜が咲いている円山公園も好きですが、いよいよ冬が近づいてきて肌寒い。そんな秋の円山公園も大好きです。

神宮へ向かう道

公園内を進んでいくと大きな鳥居が。ここから神宮内へ入ります。

北海道神宮の大きな鳥居

しばらく歩くと、北海道開拓に従事した先人たちを祀る開拓神社が。

開拓者の鎮魂を祈る神社

こちらは北海道神宮内でも、特にパワースポットとして有名で「仕事運や勝負運にご利益がある神社だ」と道産子の人が言っていました。

さらに進んでいくと、鉱山関係の先人たちを祀った鉱霊(こうれい)神社。銀行関係。先人たちを祀った穂多木神社があります。

小さい神社

美しい命溢れた木々の参道を進んでいくうち、気持ちはすっかりリフレッシュ。

住んだ空気と美しい空

いよいよ、邪神一つない気持ちで本殿に到着。

本殿へ

ここはいつ着てもたくさんの参拝客で賑わっています。

本殿

それもそのはず。

北海道神宮は、札幌きっての観光地であるだけでなく道内最大の総鎮守。いわば開拓の歴史そのものが刻まれている、歴史ある場所です。

札幌に暮らして思うのは、現代の時代でさえ長い冬の暮らしは厳しいのに、マンションも車も暖房もなかった明治の頃。

本州から様々な背景を持った先人たちが開拓に従事。血と涙を流して、今の我々の世代へ続く道を作って下さった方を祀っているところ。

ご利益がどうとかはそういう話はおいておいて、ここに来ると気持ちがピシッと引き締まります。

なので個人的には月1。仕事の向上。人生の向上を心に決め、自分の人生をまさに開拓せんという気持ちで、通っています。

ということで、何度通っても北海道神宮は本当に素晴らしい。

パワースポットとかそういう話は分かりませんが、単純に気持ちが引き締まって、「頑張ろう」「上を目指そう」という向上心を刺激されます。

日々頑張るエネルギーをチャージしたい。開拓に従事した先人たちから人生を切り開くご利益を得たい。

そんな方は、北海道神宮に参拝してみてはいかがでしょうか。あなたの人生も面白いくらい拓けるようになるかも。

コメント