戦国の覇者はここで育った。徳川家康ゆかりの岡崎城へ

2015年8月もあと少し。

徳川家康の本を読んでいたら無性に岡崎城を見たくなったので、カメラを持って電車へGO。

名古屋鉄道に乗って岡崎城の最寄り駅、東岡崎駅へ。

東岡崎駅

歩いて岡崎城の方へ。

この日は曇天ですが、晴れの日は、さぞ気持ちの良い景色だろうと思います。

街並み

東岡崎駅からおよそ10分ほど、岡崎城に到着。

岡崎城入り口

城門を通ると広場へ。そこには徳川四天王で東日本最強の武将、本多忠勝の像が。

蜻蛉切を持ち座る姿が勇ましい!

本多忠勝像

まずは天守閣を目指します。

天守閣

よく見てみると、昔のままと思われる石垣がちらほら。

堀も深く、タイムスリップできるなら、当時のありのままの様子を見てみたいものです。

堀と石垣

入場料を払い岡崎城天守閣へ。

中は博物館のようになっており、当時の鎧など、様々なものが展示されています。

こちらは岡崎城とその周辺の様子を復元した模型。

岡崎城の復元模型

天守閣最上階からは岡崎の街並みが一望できます。

天守閣から見える岡崎の街

天守閣を出て周辺を散策。それにしても、岡崎城は緑がきれい。

生い茂る木の陰に隠れていると、夏の暑さがウソのように和らぎます。

堀と池

こういう景色が最高。心が落ち着きます。

岡崎城横の川

岡崎城観光の後は川沿いを歩いて東岡崎駅へ。

途中、家康を祭った厄祓いの神社が。人生の明暗はほんの小さなことから。厄祓いも案外バカにできないかも。

神社

これにて岡崎観光は終了。

かの徳川家康がここを拠点に勢力を拡大、やがては日本の覇者になったことを想像すると、出生の地は、格別の意味があるのかもしれません。

博物館の説明にもありましたが、家康の幼少時代は苦労の連続。

祖父に父親、二人とも20代で早死。幼い家康は駿府に人質へ、人生の苦難(三方原、伊賀越など)でも生き延び、最後には天下人へ。

人生ロングラン、焦らずじっくり。家康の生き様に学ばさせてもらいたいものです。