歴史ネタ

歴史・地理

彼こそが明治維新の真のヒーロー。『日本史上最高の英雄 大久保利通』を読む

倉山満著『日本史上最高の英雄 大久保利通』(徳間書店)の読書感想です。「明治の独裁者」という冷たいイメージがある大久保利通を正当に知るためにおすすめの本です。
歴史・地理

これがエコノミストとしての豊臣秀吉。『経済で読み解く豊臣秀吉』を読む

上念司著『経済で読み解く豊臣秀吉』(KKベストセラーズ)の読書感想です。秀吉が政治家としてだけでなくエコノミストとしてどのような視点を持っていたのか。本書がその答えを提示してくれます。
歴史・地理

これが大人のための歴史教科書。『決定版・日本史』を読む

渡部昇一著『決定版・日本史』(扶桑社文庫)の読書感想です。日本がどのように生まれたのか。どんな歴史をたどったのか。日本人だからこそ知っておきたい自国の歴史がこちらです。
歴史・地理

本当の本音は最後の言葉に遺される。『戦国武将の辞世』を読む

加藤廣著『戦国武将の辞世』(朝日新書)です。戦国武将たちの人生最期の句を読みつつ、人生とその生き様について考えることができます。
歴史・地理

真田を云て、毛利を云わず。『真田より活躍した男 毛利勝永』を読む

今福匡著『真田より活躍した男 毛利勝永』(宮帯出版社)の読書感想です。「真田を云て、毛利を云わず」と言い伝えられる大坂夏の陣もう一人の名将の実像に迫る本です。
歴史・地理

なぜ愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶのか?『戦略は歴史から学べ』を読む

鈴木博毅著『戦略は歴史から学べ 3000年が教える勝者の絶対ルール』(ダイヤモンド社)の読書感想です。勝者は勝つべくして勝つ。この本を読めばその理由が分かります。
歴史・地理

長州閥を作った男の生涯と実像。『山県有朋』を読む

伊藤之雄著『山県有朋 愚直な権力者の生涯』(文藝春秋)の読書感想です。世間的にはダーティーで印象が良くない山県有朋。その意外な実像に驚く本です。
歴史・地理

歴史は常に「更新」される。『逆転した日本史』を読む

河合敦著『逆転した日本史 聖徳太子、坂本竜馬、鎖国が教科書から消える』(扶桑社新書)の読書感想です。昔習った歴史は過去のもの。続々と新発見で真実が明らかになっています。
日常・雑感

【PS4版】『信長の野望・大志』ver1.09の感想

無印最後のアップデートとなる(可能性が高い)PS4版の『信長の野望・大志』Ver1.09をプレイした感想です。気づいたこと、実感できた変化を、率直にご紹介しています。
歴史・地理

日本最北の藩の歴史とその運命。『松前藩』を読む

濱口裕介、横島公司著『シリーズ藩物語 松前藩』(現代書館)の読書感想です。北海道唯一の藩だった松前藩が歩んだ歴史をこの本で振り返ることができます。