私が音楽を作り始めたきっかけは人生で起こる不思議な偶然だった

大きな木

私の音楽活動の興味をお持ちいただきありがとうございます。

幾度の紆余曲折を経て、2020年2月音楽活動を再開。このページでは、私が音楽を始めたきっかけについて説明させていただきます。

プロフィールはこちら

全てのきっかけはビートルズ

私が作曲家を目指した理由。それは1にも2にも、偶然のきっかけです。

家族が音楽好きで、小学生の頃からクラシックピアノを習っていたのですが、中学3年生の頃に英語の授業でビートルズの『Let It Be』を聴きます。

これが文字通り、私の運命を変えました。音楽に夢中になり、高校生になると自分で曲を作って、ローランドのマルチレコーダーに録音。

自分でミックスした作品をレコード会社に送るようになりました。

作曲家になりたい!

あれは高校生3年の夏頃です。普通の高校生なら、受験勉強のため、夏休みは勉強漬けの生活ですが、私は全く勉強しませんでした。

何をしていたかというと、音楽です。漠然と、音楽で収入を得ていたいと考えていました。そのため、ひたすら音楽を作っていました。

そんな生活を続けていた秋頃。私の家に一本の電話がかかってきました。某大手プロダクションからでした。

私が送った曲を聞いて、プロデューサーの人が興味を持ったそうで、もっと他に曲はないか、電話してきたのです。作った曲をいくつかその人宛に送りましたが、その人とはそれっきり。

それでも音楽作りを続けていたところ、今度は別のレコード会社の人から電話があり、「今後も継続的に曲を聞かせて欲しい」とのこと。

それで、私は東京に行くことを決めました。

月1のレコード会社通い

大学を受験せず、音楽家を目指して上京する。それはとても大きな決断でした。

いろいろ波乱は起こりましたが私の意思は変わらず。家族には音大の聴講生になるという条件で、東京に行かせてもらうことになりました。

そして高校卒業後に上京。立川近郊に引っ越し、国立音大の聴講生になりつつ、アルバイトの傍ら楽曲を制作。月1で市ヶ谷にあるレコード会社に通う日々を送ります。

当時私は19歳。思えばこの時期はほんとうに楽しいものでした。

初めての一人暮らし、東京という刺激。典型的なお上りさんでしたが、今でも仕事の出張で東京へ行くときは必ず、立川へ寄ることにしています。

偶然が重なり再度音楽を始める

東京に上京して1年経った夏。なかなか現実が変わらず人生に焦りを感じ始めたとき、自分の魂を全力で表現した作品が生まれました。

市ヶ谷のレコード会社に行き曲を聴いてもらいましたが、ここでこの先に進むことは難しいことを確信。進路を大きく変更して大学に入学、人生をやり直すことにしました。

その後音楽から遠ざかり、大学に進学。卒業後はフリーの事業者として細々として暮らしていたときのことです。

30歳という人生の節目を迎え、なぜか音楽にまた興味が芽生えてきました。YOUTUBEでお気に入りのアーティストを探し、アマゾンでCDを買う。そんなおり、アップルのガレージバンドというサービスを知ります。

気軽に作曲&録音ができるということで、「どうしようかな」と迷っていたとき、学生時代から付き合いのある音楽仲間からメールが。「曲を作っているので、手伝ってくれ」とのこと。

どうしてか、私が音楽に再び関心を持って依頼、不思議とそこへ続く道が、目の前に現れたのです。こうして、また生活のなかに、音楽が戻って来ました。

これがまた、自分の人生において一つのターニングポイントになりました。

名古屋から札幌へ

深夜に仲間で集まってスタジオで音作り。

皆それぞれ仕事を持つ社会人なので、学生時代のように頻繁な活動は難しかったですが、この経験を通じて再び、音楽の楽しさを実感することができました。

その後ギターを購入したりして、自分のペースで音楽と向き合うようになりました。そして札幌への引っ越しを決断。

そこで仕事やプライベートもろもろのこと、人生で起こることを楽しむ日々を送っていたのですが、また「音楽を作りたい!」と強く感じる偶然が起こりました。

それは本当に小さなことですが、その小さな偶然によって人生が再び動き出したことは、ただただ不思議としか言いようがありません。

人生を変える呼び声

それは2019年12月のこと。年末の時間をゆっくり部屋で過ごしていると、突然ベルが鳴りました。

出てみると普段は住んでいない隣人の方で、「ピアノを演奏するからうるさかったら言ってください」という話でした。

「分かりました」とそこでは特に気をとめなかったのですが、年が変わった信念。ふと聞こえてきたピアノの音に、なぜか心が動いたのです。

そして、「自分もまた音楽をやってみたい。ピアノを弾いてみたい」と強く感じました。それからすぐに中古の楽器販売業者に連絡。

ギターを売ったお金をもとにカワイの電子ピアノを購入。ここから気がつけばどんどん、曲作りを始めることになりました。

せっかくなので、最初はYouTubeだけで公開しようかと思っていたのですが、楽曲の権利関係の問題が起こる可能性があることを知りました。

そこでその解決策を調べていた結果、AudiostockというBGMの販売サイトを知ることになり登録。新しいスタートを切ることになりました。

今後について

音楽活動はまだまだこれから。

Audiostock&YouTubeで月3曲~4曲をアップしていくスケジュールでマイペースに取り組みたいと思っています。

私は今までの人生で、本当に価値があることを今すぐに実現することができないことを学びました。だから何かを成すためには時間をかけて、粘り強く行動を継続していくことが大切だと考えています。

なので、自分の活動が今すぐ成功することを期待してはいませんし、今後一生をかけて、地道に続けていこうと思っています。

現状は歌なしのBGMが中心ですが、一番の希望は、歌ありの楽曲です。私は人の心に残る、素晴らしい歌を作ることが夢です。それは「あぁ、あの曲ね」と誰もが思い浮かぶような、普遍性のある音楽です。

必要なステップを経て、自分の言葉でメロディを表現できるシンガーに歌ってもらう音楽を公開していきます。私の音楽を聴いてくださりこのページをご覧いただいているあなたの応援に感謝します。

関連情報

YouTubeチャンネル

Audiostock販売曲一覧