音楽との出会いは中学生のときに聞いたビートルズだった

Let It Beのアルバム

もともと、家族が音楽好きで、ピアノやらクラシックのレコード、ポップスのCDやらいろいろ家にありました。

小学校高学年のときにピアノを習い始めるのですが、音楽の楽しさ、素晴らしさと出会ったのは中学3年生の頃、英語の授業で聞いたビートルズのLet It Beでした。

当時の私は受験生で、日々勉強勉強、旧友は競争相手で、不自由な毎日にうんざりしていました。そんなとき、英語の授業で「英語で歌を楽しもう!」という題材で、ポップスを聞くことになりました。

そのとき初めて聞いたのがビートルズのLet It Be

イントロのピアノの音、美しいメロディに衝撃を受けました。しかも、その詩は「なすがまま、あるがままに」というようなある意味「救済」を求めるような内容としたときは、さらに深く、この曲を何度も聞きました。

Let It Beを最初に聞いたときの感覚、あのときの衝撃は、今でも忘れられません。

このた体験から「音楽が自分の気持ちを表現してくれる!」というような、ある種の開放感を生み出せることを知りました。これ以来、ビートルズをはじめ、様々な洋楽を聞くようになりました。

ビートルズの全アルバム⇢OASISやBLURなどのイギリスポップ⇢ニルヴァーナやナインインチネイルズなどのアメリカ系ロックという感じで、手当たり次第、洋楽を聞き、ますます音楽にのめりこんでいきました。

コメント