Twitterで初「バズる」を経験した感想

マジ?と驚く男

それはほんとうに突然やって来ました。

朝からスマホにやたらとtwitterからの通知が。見てみると「ナンジャコレ」状態。なぜか通知が殺到しています。

それで何が起こっていたか?東京出張のさい、何気なくつぶやいたツイートがいわゆるバズっていたのです。

正直、自分がこんなつぶやきをしていたことなどスッカリ忘れていたのですが、どんどん通知が増えてリプライもバンバン届きます。

この騒動を見て連絡をしてくれた人が「○chにスレが立ってるぞ」ということをわざわざ教えてくれたのですが、そこから拡散したようです。

「ツイートで目立ちたい!」など1ミリも考えてもいなかった自分としてはまさに青天の霹靂。今回、Twitterの拡散力のスゴさ。そして怖さをしっかり勉強させていただきました。

スポンサーリンク

バズった効果

それで結果としてどうなったか?

まずバズった初日のインプレッション数が100万をこえて150万目前に。

初日PV

2日目も118万に到達。

2日目のPV

3日目に入り、ようやく勢いが低下。それでも30万以上のインプレッション数になっています。

3日目のPV

わずか3日。それもたった1つのつぶやきでインプレッション数が300万近くに到達。

4日目

瞬発的な拡散力はほんとうにすごいな、という感じです。検索エンジンからのアクセス数とは全く違う、爆発力があります。

Twitterの拡散力を実感

今回の騒動ではわざわざネットメディアから取材が入ったり、いわゆるまとめ系のサイトに取り上げられたりと、バズる効果というか、影響をリアルに実感することになりました。

「バズる」という言葉の意味は知っていましたが、実際体験してみるとなかなかすごい、という感じ。そして強く思うのが発言注意。

自分の何気ないつぶやきが、意図しない結果を引き寄せる可能性があることを、強く実感しました。

それとバズるとやってくるのがいわゆるク○リプ。

リプライには基本的に返信していましたが、「バズるとク○リプが飛んでくる」という先人の教え通り、一定の割合で誹謗中傷や煽りのリプライやリツイートも送られてきました。

とはいえ、率を計算してみると4%程度でした。その点はまだ、ツイてる感じのバズりだったのかもしれません。

もちろん、突如知らない人からネットで罵倒されるのは本意ではないので、今回の騒動が終わった現在、最初からミュートワードを設定して、今後万が一の事態に備える準備をしておきました。

ネットにはいろんなご意見がありますので、その点は現実的にできる対応をしておくのが吉と感じています。見なければ済むだけの話なので。

まとめ

それにしても、当初は「自分のツイートが炎上したのか?」と思うくらいの通知&リプライ&リツイートの嵐でした。

が、リプライに返信してみるといろいろTwitterならではのコミュニケーションができて、とても勉強になりました。

だからこそ思うのですが発言には注意。Twitterは

1・誰かをディスる発言

2・ネガティブな発言

3・過激な発言

など、「口は災いのもと」。何気ないつぶやきが災いを呼ぶ凶器になる可能性があることを、今回リアルに実感することができました。

世の中では、あえて人の反感を買うようなことをして「炎上」を引き起こす人がいるらしいですが、自分はtwitterで目立ちたいとか、ビジネスの集客をしたいとかは考えていません。

あくまで自分の考えたことや経験したことを気軽につぶやいて覚えておける+自然に気が会う人とつながるツールにできればそれでOK。

ということで人生初バズでしたが、Twitterは使い方注意。「どのように捉えられるか?」を注意したいと思った経験でした。

コメント