札幌暮らしなら必須?マンションの部屋の水抜きして帰省

新千歳空港

今日から久々飛行機に乗って地元に帰省。

そこで朝、荷造りを終えたあとは人生初、マンションの部屋の水抜きをやりました。

水抜き(水落し)とは

寒冷地で水道管が凍結しないために行う措置のこと。水道の元栓を閉め、台所、洗面所、トイレなど、たまった水を排水する。

札幌など寒冷地で暮らしており、12月〜2月、家を不在にする場合はこの水抜き作業が必須と言われている。

水抜きを怠ったまま部屋を長期で不在にすると、水道管が凍結。破裂にしてひどいことになる可能性があるそう。

マンションの管理会社に水抜きの方法を電話で聞いておいたので、作業自体は案外早く終わりましたが、この作業は地味に大変ですね。

作業の流れとしてはこのような感じ。

1・水道の元栓を閉める(マンションなら共有部分のところにあります)

2・水が出る所(台所、洗面台、洗濯機、浴室、トイレなど)のところの蛇口を回して水を出し切る、そして再度蛇口をしめる。

冬にマンションを空ける場合は、毎度出発の時に水抜きしないといけないので、地味に時間が手間がかかります。

まぁ水抜きをしないとひどいことになる可能性があるので、手間がかかるのは仕方なし。寒冷地の冬の暮らしというのは、やはり大変なものなのかもしれません。

さて、これからしばらくは久しぶり地元。札幌へ引っ越して以来、ずっと地元には帰っていなかったので、今回の帰省は本当に久々。

本当は年末年始に帰省するべきかもしれませんが、ヘヴィ・トラフィックは苦手。ということで一週間遅らせて帰省することに。

それでも日曜ということで結構混雑していましたが、何事もなく無事到着。

いくつかやるべきことを済ましつつ、買い物をしたり仕事の準備をしたり、友人たちと会ったり、こっちでしかできないことができればなぁと思います。

フォローする