ドイツ ウルムのホテル Golden Tulip Parkhotel Neu-Ulmに2日泊まった感想

ホテル正面

世界一高い大聖堂がある街で有名なドイツのウルム近郊のホテル、Golden Tulip Parkhotel Neu-Ulmに2日泊まった感想です。

全般的な感想など

ロビー

ホテルの部屋からの眺めがとてもよく、ドナウ川やウルムの街が一望できます。朝食もgoodで、ドナウ川を眺めながら、朝食を楽しめます。

2日このホテルに滞在しましたが、とても良かったです。のんびりとホテルに滞在でき、ウルム観光を楽しめました。

部屋について

私が泊まったのはスペリアーシングルルームという部屋。普通のシングルに比べて部屋が広くなります。

部屋

部屋には大きな窓があるのですが、そこからの眺めが最高。このような感じです。

部屋からの景色

正直、一人で泊まるには広すぎたかなぁ、という感じ。十分な広さでした。

サービスなど

2日間Golden Tulip Parkhotel Neu-Ulmに滞在して、特に不満はありませんでした。あえて言うなら、ウルムの駅から遠いのと、部屋のなかのアメニティがイマイチ、というくらいでした。

ネット接続も快適で、一度wifiに接続成功したら、その後パスワードを入力する必要はありません。ネットの接続速度も速くて、文句なし。快適にwifiでネットを利用できました。

まとめ

ウルム中心部に遠い&部屋のアメニティが少ない&駅から遠い(タクシーで10~15ユーロ)のがマイナス点ですが、個人的にはここで良かったです。

夕方にホテルに戻って、ドナウ川を眺めてのんびり過ごす時間が最高でした。

正直、ウルムはあまり観光するところがなくて、ホテルで過ごす時間が多かったのですが、良いホテルで安心しました。

旅の合間、ウルムでゆったりとした時間を味わいたいという場合には良いホテルだと思います。

ホテルの情報、空き室チェック、予約はこちら

Golden Tulip Parkhotel Neu-Ulmの詳細

フォローする