帳簿記帳&確定申告の労力を節約する会計ソフトor記帳代行のすすめ

本ページはプロモーションが含まれています。

弥生会計のイメージ

フリーランスとして独立することは、個人事業主として独立すること。そこで生じてくるのが、税金の問題。

独立したとき、税務署に事業開業届を提出、白色申告か青色申告、どちらかを選択することになりますが、取引記録や経費など、帳簿を作って、それらを記録していく作業が必要になってきます。

白色か青色か

一般的に、白色申告は、税制上の優遇措置が少ないですが、多少記帳がアバウトでも、あまり税務署にとやかく言われることはありません。

一方青色申告は、税務上の優遇措置が多いため、稼ぎが多く税金が高くなりそうな場合は青色にした方がお得かも。

しかし、青色の場合は記帳義務がいろいろ面倒で、複式簿記という面倒な記帳法が義務付けられています。経費の整理、帳簿等を正しく記帳しておかないと、確定申告の時期に、大変な思いをします。

結局は、売上、どれくらいの収入が期待できるかで白か青かを選ぶわけですが、

「記帳や確定申告で面倒な思いをしたくない。」

→白色。

「売上も期待できるし、税金はできる限り払いたくない。面倒でもお金のことはしっかり取り組む。」

→青色。

という具合、何を優先するかで、申告方法を選択すればいいと思います。

申告は会計ソフトで楽チン

まぁ、白色申告にしても、青色申告にしても、フリーランスとして仕事をやる以上、お金の管理、帳簿の記帳は必要事項。

税理士に税金系の事を依頼することもできますが、節税対策が必要な大きい年収でない限り、お金のことは自分で把握できるのがいいかも。

とはいえ、帳簿の記帳等、面倒な作業に時間を取られると、一番力を注ぐべき仕事に影響が出てしまいます。

白色にしても青色にしても、記帳はする必要がある作業。面倒な作業は、できる限り効率的に、時間をかけず、手軽にしたいもの。

そこで注目したいのが、フリーランス(個人事業主)のための会計ソフト。多くのフリーランス、個人事業主に使われている弥生のソフトがこの手のソフトでは有名です。

弥生の会計ソフトのポイントは、何より使いやすさ

会計の知識がなくても、取引を入力するだけで、簡単に確定申告書類を作成することができます。会計の知識がない初心者でも、わかりやすい使えるので、とても便利です。

白色用、青色用、2つの商品が用意されているので、目的に応じた会計ソフトを選ぶことができます。

「記帳であれこれ時間を取られるのはイヤ。サクサク、最低限の時間と労力で、簡単に済ませたい。」

という方は、導入すると、めんどくさい帳簿作業が楽になるかも。

【PR】申告ソフトはこちら

白色

必要な事項だけを入力、面倒な記帳を簡単に作成。「白色申告でOK。記帳などのめんどくさいことはできる限り簡易化したい」という方に。

やよいの白色申告オンライン

青色

帳簿作成や取引記録取り込み機能など、青色申告のための便利な機能が満載。面倒な帳簿管理もこのソフトで楽に。

やよいの青色申告オンライン

「記帳代行」というチョイスも

「自分で記帳するのが面倒!」という場合、税理士に記帳代行してもらうこともできます。

仕訳数にもよりますが、記帳代行+確定申告セットで、月平均2万円~支払うことで、毎月の帳簿付けや税金の手続きを、プロに任せることができます。

ここで重要なのは「税理士事務所を通して」帳簿を作成し、確定申告を行うこと。事業主が「自分で」行うよりも、第三者的に信頼性が高まります。

税理士は法令遵守し、顧客からの不適切な節税に対して指摘を行います。そのため帳簿も自分でつけるより、信頼性が高まります。

ただし、作成された帳簿に誤りがないか(仕分け内容、金額に誤りがないか)は、自分自身で確認する必要があります。

また、税理士に帳簿作成をお願いすれば青色申告65万円控除も容易となり、控除が大きく増えます。自分で白色申告、もしくは青色申告10万円控除に取り組むよりも税金が安くなる場合があります。

自分に合った税理士を効率的に探す

私自身、1度は自分からネット検索で見つけた税理士事務所に記帳代行+確定申告の契約を結び、現在では別の税理士事務所と同内容の契約をし、記帳代行と確定申告をお願いしています。

税理士の役割として、節税アドバイスなどいろいろあるとは思いますが、個人事業主なら「自分の場合はこの程度のサービスが必要である」という範疇を理解していると思います。人によっては、記帳代行と確定申告だけで十分という場合もあると思います。

では自分のニーズを踏まえ効率的に税理士を探すにはどうすればいいか?そこで注目したいのが税理士の紹介サービスです。

こちらのニーズ、希望顧問料等に応じて、税理士を紹介してもらい、面談を実施。「この方にお任せできる」と納得した場合は顧問契約を結ぶことができるサービスです。

私自身、2020年より契約している税理士事務所の税理士さんも、紹介サービスでご紹介いただいています。

サービスを利用すると、2~3人紹介されるのですが、実際に気になった税理士さんと対面(今ならオンライン面談も)して、依頼内容や料金等を話し合い、納得できれば契約するイメージです。

税理士紹介サービスを使えば自分からネットで様々な税理士事務所にアプローチせずとも、ニーズを満たしてくれる税理士さんと出会える可能性があります。私自身が利用したサービスを含め、いくつかご紹介します。

特に帳簿代行や確定申告といった業務を丸投げし、事業に集中したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【PR】税理士紹介サービスはこちら

税理士ドットコム

税理士紹介ネットワーク