【フリーランスの確定申告】青色申告は税理士に丸投げすると超絶にラクになる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告中

フリーランスとして働きお金を稼ぐ。

仕事が順調になってくると頭を悩ますのが税金のこと。

課税所得が300万(売上ではありません、念のため)くらいまでなら、まだ白色でもそこまで税金の負担は重くないかもしれません。

が、課税所得が500万を超えてくると、所得税、住民税、国保など、諸々の税金の負担が目に見えてアップしていきます。

そのまま無策でいると、年間の税金だけで軽く150万くらい飛んでいくことになります(自治体によっては更に額がアップします)ので、税金のことが深刻な話になってきます。

そこで、課税所得が気になりだした段階で、税金のことを考えた確定申告が必要になってきます。

青色65万円控除の注意点

「収入アップは嬉しいけど、税金が増え過ぎるのは勘弁してほしい」

そういうときに注目したいのが青色申告65万円控除。

最初から利益から65万円控除でき、その他いろいろ特典がある申告方法ですが、一つ問題があります。

それは、青色申告65万控除の場合、「帳簿の作成が究極に面倒になる」ということ。

白色の場合は、記帳もシンプルで、日々の売上や経費等をまとめていくだけでOKなので、それほど負担はありません。

が、青色65万の場合は、複式簿記という方法で記帳をしなければいけません。これは、発生主義とかいろんな面倒なルールがあり、簿記が苦手な人は本当に苦手な作業です。

複式帳簿のために会計ソフトを使うという手もあるのですが、面倒なものはやっぱり面倒。

白色申告なら会計ソフトを使えば本当に楽勝になります。)

基本的に、帳簿作成は事業の状態を把握するためのものであって、帳簿を頑張っても、1円も収入は増えません。

税金的にはお得になるけど、普段の帳簿付けに時間と労力を取られてしまう。ここが青色申告65万円控除の難しいところです。

記帳の面倒さを解決する

しかし逆に言えば、帳簿作成の面倒さを解消できれば税金面でお得になるということ。

そこで私は、「帳簿を頑張るくらいなら誰かにお金を払ってお任せし、自分は仕事を頑張る方が効率がいいのではないか?」と思って税理士さんに丸投げすることにしました。

こうすることで、月々の税理士費用が発生する反面、面倒な記帳作業や確定申告を全て税理士さんに丸投げして替わりにやってもらえます。

それによって、帳簿のストレスや確定申告でミスするかもしれない不安を解消して、自分の自由時間が増えます。そうすると、普段意識すべき仕事のことに集中できるようになります。

月々の税理士費用というデメリットはありますが、面倒なことをしなくていい+税金がお得になるメリットを考えると、メリットの方が大きいと思います。

一番良いのは、白色申告でまったり、税金のことで悩まずにやっていけるのがいいのかもしれません。

が、何年も働いてキャリアを続けていくうち、「今年の税金、ヤバイかも!?」と悩むときがやってきます。そして、いかに税金を意識することが大切か、思い知らされます。

日本は累進課税の国なので、仕事を頑張れば頑張るほど、税金も増えます。

そこで、税金のことが気になりだした段階で、白色から青色申告65万円控除で確定申告するなど、税金対策のためにできることを始めていくことが大切になってきます。

必要最低限のサービスを利用する

青色申告65万円控除のメリットを受けつつ、帳簿記帳の面倒さを解決するには、税理士さんに丸投げするのが一番楽です。

そこで問題なのは月々の費用ですが、大切なのは、

節税のメリット+帳簿記入の面倒さ>>>>>>税理士費用

となること。

税理士の費用というのも、正直税理士事務所によってピンきりで、事務所によっては顧問料だけで月3万~かかってしまう場合もあります。

ただ、税理士さんによっては「記帳代行や決算だけでもいいですよ、面談も年数回でOKですよ」という方もいて、年間20万程度で契約することも可能です。

私の場合

・青色申告65万控除のために必要な帳簿や決算書の作成

・確定申告代行

・年2回の面談

→月16,000円=年額192,000円

という契約をしました。

私がすることは、毎月売上が確定したときに必要な書類、経費の領収書を送付するだけ。あとは全部税理士さんにやってもらえるので、私は基本仕事に集中できます。

何でも自分でやるという考え方もあるかもしれませんが、時間は有限。

自分の苦手なことで時間を使うより、自分の得意なことを頑張る方が、個人的には効率がいいと思っています。

税理士費用は経費にできます。税金対策としても効果的な費用になるので安心です。

最後に

私が独立当初買った青色申告65万円の本があります。

独立当初は、「俺はなんとかやっていく。稼いで一人立ちして、生きていくぜ!」と意気込んだものですが、いざ日々の帳簿付けをしようとすると、複式帳簿の話が意味分からず。

結局すぐに挫折して、白色帳簿での申告を続けていました。

でも、青色申告65万円控除にして、税理士さんに帳簿作成を丸投げすると、本当に楽です。「今までなんでこんな面倒なことを自分でやろうとしていたんだ?」というくらい楽。

結局蛇の道は蛇、得意なことは得意な人にお金を払ってやってもらう方が安心。そうやって、お金を自分から人へ回していく、そんな発想が大切なのかもしれません。

何にせよ、税理士費用も経費になって、青色申告65万円控除のメリットも受けることができ、税金は確実にお得になります。

「帳簿付けとか確定申告とか、正直面倒。何とかならないかな」

という場合、税理士に依頼して丸投げするのも一つの方法だと思います。

私と同じように、青色申告65万で申告したいけど、

「腹式の帳簿がわけわかめ、記帳が面倒!」

という方は、参考にしてみてください。

フリーランスが知っておきたい税理士の探し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする