格安航空のジェットスターに乗ってみた感想など

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェットスター公式

2015年3月末、突如札幌に行くことが決まり、急いで航空券をチェック。

普段は、ANA楽パックでANAの飛行機に乗るのですが、今回はフライト前日前。ANAの予約ができず、そこで見つけたのがジェットスター。

格安航空ということで、いくつか不安がありましたが、他に選択肢がなかったため、予約。乗ってみることにしました。

結論から言って、フライトは快適でした。

個人的に、格安航空=席が狭くフライトがつらい、というイメージがあったのですが、私が座ったシートは、アップグレードされたやや広めの席。

合皮の黒皮シートで、ANAの飛行機よりも余裕があり、ゆったり過ごすことができました。

機内サービスは別途お金がかかるようですが、別に機内で食事をする必要もないので、個人的には関係なし。

ということで、本を読んだり考え事をしていたら、新千歳まで到着。フライト自体は、快適でした。

気になったことなど

ただ、個人的に不満を感じたことが2つありました。

それは、荷物の預けと当日フライトのチェックイン時間です。

ジェットスターの場合、航空券を予約するとき、手荷物の重さによって別途料金を支払う必要があるのですが、プリンタのインク商法のように、フライト料を安くして、オプションでお金がかかるようになっています。

私の場合、前日予約したので料金面は仕方ないですが、中部セントレアから新千歳までの片道フライトで3万5千円ほどかかったので、料金的にはANAに比べ多少安いくらい。

ジェットスターの料金システムを理解しておかないと、フライト料はそれなりにお金がかかります。(早朝の便ならかなり安いです。)

次に気になったのがフライト前のチェックイン。

フライト当日、早めに空港へ。機械の自動チェックインをしようとすると、係の人が声をかけてきました。

話を聞くと、ジェットスターの場合、チェックインはフライトの3時間前、荷物預けはフライトの2時間前から開始。

荷物を預けて、のんびり時間を過ごしたいと思いましたが、仕方ないので荷物を持ってベンチへ。荷物預けやチェックインは、もう少し融通がきけば良いのですが。

ジェットスターの料金システムを理解していればお得か

以上、2つほど微妙な点はありましたが、ジェットスターの料金システムを理解して予約すれば、かなりお得にフライトができるのは間違いなさそう。料金面も、他社の航空会社と比べ、確かに安いです。

まぁ、料金をお得にするためにはいろんな制約があるので、そこら辺は勉強が必要かもしれません。

荷物やチェックインなど、他社に比べ多少不便ですが、お得にフライトをしたいなら、ジェットスターの料金システムを調べて検討すると、格安でフライトができると思いました。

「価格重視で飛行機に乗りたい!」

という場合、ジェットスターを検討してみるのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする