春の穏やかな日に過ぎ去りし時の流れを実感する曲『桜が舞ったあの日の君は』

動画のサムネ

楽曲にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

このページではAudiostockで販売、YouTubeで無料公開しているオリジナル曲『桜が舞ったあの日の君は』についてご紹介しています。

『桜が舞ったあの日の君は』について

『桜が舞ったあの日の君は』は軽快なリズムとリリカルなメロディを楽しめる春の曲です。

メロディを支える淡々としたドラムが昔のアルバムを一枚一枚めくっていくような感覚を引き起こし、メロディが時の流れの重さを演出します。

それは桜が咲いて散ってしまう寂しさのようなもの。明るくも侘しい気持ちを感じることができます。

チャンネル登録する

楽曲データ

作曲年:2001年

制作環境:Logic Pro9

使用楽器:ピアノ、アコースティックギター、ストリングス、ドラムなど

テーマ&制作のきっかけ

あなたにはふと昔と今。いろいろなことが変わってしまったことに驚く瞬間はありますか?

生活。日々関わる人々。私たちは今という時間を生きていますが、その今という時間はやがては過去になります。そして、過去に関わりのあったすべての事柄は、時間の流れとともに、すべて変わっていきます。

どれだけ過去に親密な時を過ごした人々でさえ、やがて接点はなくなり、自分が知っている人ではなくなっていく。そんな時の残酷さを感じたときふと胸に、言葉にはできない侘しい感情が去来します。

私自身がそれを実感した頃、立原道造の『浅き春に寄せて』という詩に出会いました。『桜が舞ったあの日の君は』はこの歌詞にインスピレーションを受けて誕生しました。

冬が終われば春がきます。しかしその春は、昔やって来た春とは同じではないこと。明るくもリリカルなメロディは、それ気づく刹那的な寂しさを表現しています。

今は二月 たつたそれだけ あたりにはもう春がきこえてゐる

だけれどもたつたそれだけ 昔むかしの 約束はもうのこらない

今は二月 たつた一度だけ 夢のなかにささやいて ひとはゐない

だけれどもたつた一度だけ そのひとは私のためにほほゑんだ

さう!花はまたひらくであらう

さうして鳥はかはらずに啼いて 人びとは春のなかに笑みかはすであらう

今は二月 雪に面につづいた私のみだれた足跡 それだけ たつたそれだけ 私には

立原道造『浅き春に寄せて』

Audiostockで使用権を購入する

関連情報

A’s Music Channel

楽曲の二次使用について