ドイツ旅行初心者のためのドイツ鉄道利用法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ鉄道公式サイト

ドイツ旅行で欠かせないのが鉄道、DB(ドイツ鉄道)。日本のJRのようなもので、ドイツ中、鉄道網が張り巡らされています。

主要都市の移動はもちろん、田舎にもDBで移動することができますので、旅行がとても便利です。

チケットの買い方について

機械でチケットを買えますが、ドイツ語が分からない場合は、駅の対面のチケット売り場の方が便利です。

・行く先

・時間(午前か午後か)

・人数

・片道か往復か(one way or round trip)

・ファーストクラスかセカンドクラスか

・席を予約するか

これだけ英語で伝えれば十分です(ドイツ語が話せなくても問題ありません)。後は、クレジットor現金で支払い、チケットがもらえます。

チケットはこのようなカバーに入っています。

チケットカバー

電車の乗り方

ドイツ鉄道の場合、チケットを買うと、電車の乗り場所、どこで乗り換えるか、何時に着くか、すべてチケットに記載されていますのでとても便利。

乗り換えがたくさんある場合でも、チケットに書いてある通り動けば、まず迷うことはありません。

乗り換え、ホームなど

チケットを買い、電車に乗り、座る席を探します。予約席の場合は、席番号の上に文字が書かれていますので、その席は座れません。ほかの席を探します。

電車が動き出して、しばらくすると、車掌がチケットの確認に来ます(確認に来ない場合もあります)。

基本的に、ドイツ鉄道はチケットに書かれている通りに電車になれば大丈夫です。電車の到着時刻から出発時間、乗り換えの場所まで、全部乗っています。時間も正確。ドイツ人の緻密さはすごいですね。

最後に

以上がドイツ鉄道の利用法です。

ドイツは鉄道が整備されているので、電車を使いこなせば、ドイツ旅行が快適&楽しくなります。

電車からの車窓も素晴らしいので、ツアーでなく、個人でドイツを旅行するときは、ぜひDBを利用し、様々な場所を訪れてみてください。きっと、記憶に残る素晴らしいドイツ旅行になるはずです。

それでは、Gute Reise!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする