人生の節目節目、影響を受けたヒューマンドラマの名作『アメリカン・ビューティー』を観直す

アメリカン・ビューティー [DVD]

人生は、どこでやり直せるのか?

ケビン・スペーシー主演『アメリカン・ビューティー』(1999年)の感想です。

この映画について

レスター・バーナムは42歳の冴えない中年男。

妻とハイティーンの娘ジェーンにはゴミ扱いされ、「生ける屍」同然の生活。

自分を殺して、死んだも同然に暮らすレスターですが、あるとき、娘の学校のイベントで娘の親友のアンジェラに一目惚れ、彼女に好かれようと筋トレスタート。

それがきっかけで、レスターは今まで死んだように暮らしてきた生活から、自分の人生を取り戻していきます。

レスターの変化がきっかけで、バーナム一家、周囲の人々も変わり始めますが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

良い映画はいつ観ても学びがあることを実感できる映画。

この映画を初めて観たのは10代の頃。

その当時は現代家族の闇というか、ダークサイドを描いた映画なのかと勝手に解釈していましたが、30を超えてこの映画を観直してみると、単純にレスター・バーナムに共感できます。

20代、熱愛で一緒になった妻は別人のようになり、可愛かった娘は反抗期。仕事で理不尽な扱いを受け、心を殺して家族に合わせ、死人のように暮らす日々。

家族も変わってしまい、一緒に暮らしていても、まるで他人と暮らしているかのよう。

喜びも希望もない、そんな状況が、ある少女との出逢いで一変。夢や希望に満ちていた昔の自分を取り戻すべく、行動を起こしていく・・・。

年を取ると、得るものもたくさんあるものの、失っていくものもたくさんあります。

大人になるということは現実を受け入れて、現実の中で何とか折り合いをつけて生きていくということ

そのうち、自分の現実的な可能性を目の当たりにし、自分の人生はこんなもんだと受け入れていくわけですが、心のどこかで、桃源郷、理想の暮らしを空想する。

映画に意味付けをすることもできるかもしれませんが、レスター・バーナムの生き様を見ていると、何というか、虚しく儚い気持ちになります。

しかし、人間、若い頃に持っていた感情というのは、決して消えることはなく、何かがきっかけとなって、再び湧き上がってくるものなのかも。

レスターの「20年間の昏睡のあと、目が覚めていく・・・。」という言葉通り、人生はいつでも、やり直すことができるものなのかもしれません。

DVDの購入はこちら

アメリカン・ビューティー [DVD]

コメント