春の夜の夢のようにゆらゆらと儚い和風インスト『桜は愛惜に散る』

動画のサムネ

楽曲にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

このページではAudiostockで販売、YouTubeで無料公開しているオリジナル曲『桜は愛惜に散る』についてご紹介しています。

『桜は愛惜に散る』について

『桜は愛惜に散る』は春の夜の夢のように幻想的で儚い旋律が特徴的な和風インスト曲です。

シンセサイザーの電子的な音色が、和を感じるテイストのメロディを美しく、そして淡く演出します。ふと昔の大切な思い出がよぎるような、淡くて切ない和のサウンドをお楽しみください。

オリジナル

楽曲データ

作曲年:2021年

制作環境:Logic ProX

使用楽器:シンセサイザー、クラリネット、ドラムなど

チャンネル登録はこちら

琴メロディVer

メロディなしVer

テーマ&制作のきっかけ

本曲『桜は愛惜に散る』は、桜、特にライトアップされた夜桜が風でチラチラと舞っているあの幻想的で美しい感覚を音楽で表現する試みです。

桜吹雪は桜が風に散る様子を例えた、儚くて美しいものを表現する日本的な言葉ですが、桜が「散るから」こそ美しいと感じるその感覚は、誰から教わることなく、日本人が自然に身につける、不思議な感性と言えます。

美しい。でもどこか寂しくて、切ない。それは「淡い悲しみ」のようなもの。年を重ねるごとに、桜が舞う季節がやって来ることを、楽しみにしています。

ちなみに、本タイトルの「愛惜に散る」という言葉は、日本史で習う鎌倉六仏教で有名な道元の『正法眼蔵』の「花は愛惜に散り 草は棄嫌におふるのみなり」を出典にしています。

「花は惜しんでも枯れてしまうけど、雑草は自然に生えてくる。美しい花が枯れてしまうのは悲しいけれど、枯れてしまうからこそ美しい。それこそが自然の営みであり、サイクルである」

このような意味を持つ言葉ですが、生命は循環するもの。とても好きな言葉です。

Audiostockで使用権を購入する

関連情報

A’s Music Channel

楽曲の二次使用について