札幌で海鮮モノを買うならココ?札幌中央卸売市場へ

札幌といえば海鮮食品。

おいしい旬の海産物を購入するため、札幌中央卸売市場へ行ってきました。

札幌中央卸売市場とは

札幌の台所として知られる札幌市営の市場。新鮮な道産の海鮮物、果物を購入可能。飲食もOK。

アクセス

札幌中央卸売市場へは地下鉄の二十四軒駅からアクセスすることができます(JRの桑園駅からも行くことができますが、やや歩きます)。

二十四軒駅の6番出口へ。

二十四軒駅

すると生協が見えます。ここの信号を渡ります。

生協

すると場外市場の看板が。この道を進んでいきます。

案内看板

歩くこと5分ほど、札幌中央卸売市場が見えてきます。

看板

そこから更に進むと場外市場が。観光客やいろんな人で賑わっています。

市場

カニの王様、タラバガニの足。市場を見ていると、カニがザクザク。美味しそう(*´﹃`*)

カニ

カニだけでなく、いろんな海産物が充実。やっぱり札幌といえば海系の食べ物ですねぇ。この市場で、様々な海鮮系の食品を買うことができます。

海産物の土産

せっかく来たので、プレゼント用のタラバガニ2匹を購入。それからお値段が少し高かったですが、市場にある飲食店でマグロ丼を食べて行きました。

やっぱり札幌で食べる魚は本当に美味しい!札幌ラーメンも美味しいですが、海鮮物がたまりません( ̄▽ ̄)=3 プハァー

(ちなみに、この場外市場の近くには100円寿司も。たらふくお寿司を食べたくなったら、そこもなかなかいいと思います。)

札幌へ来た際、海産物が欲しくなったときは、中央卸売市場へGo。舌が満足できる海の幸が山盛り。オススメです。

コメント