この本を読めば、孤独が決して不幸ではないことに気づく。『ある世捨て人の物語』を読む

マイケル・フィンケル著『ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男』(河出書房新社)です。文明社会でのしがらみをいっさい捨て、一人孤独に森に隠遁した男は何を見つけたのか。本当の幸せとは何なのか。ここに、そのヒントがあります。