子守唄のようになつかしくて切ない和ピアノ音楽『惜別』

動画のサムネ

楽曲にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

このページではAudiostockで販売、YouTubeで無料公開しているオリジナル曲『惜別』についてご紹介しています。

『惜別』について

『惜別』は子守唄のようになつかしく、そして切ない和のピアノ音楽です。

「黄昏時」のように哀愁と悲しさが漂うピアノの旋律を、ストリングスやフルート、クラリネットといった楽器が包み込む、美しく儚く、壮大なサウンドが特徴的です。

日本的な深い情感溢れるサウンドをお楽しみください。

オリジナル

楽曲データ

作曲年:2021年

制作環境:Logic ProX

使用楽器:ピアノ、ストリングス、フルート、クラリネット、シンセサイザーなど

チャンネル登録はこちら

スローテンポVer

テンポ調整Ver

ハープVer

エレピVer

テーマ&制作のきっかけ

本曲『惜別』のテーマは、「黄昏」です。

夕暮れ時に日が沈む。空は赤みを帯びて、そして夜がやって来る。それは光の終わりであり、闇の始まりです。

私たちの先人は、この黄昏時に独特の美しさを見出し、そこに様々な思いを表現してきました。夕暮れ時に沈む夕日を眺めていると、ふと物悲しくなるのはきっと、先人たちのDNAを引き継いでいるからなのでしょう。

ふと、10代の頃住んでいた東京の、多摩モノレールの電車内から見た黄昏時の風景の美しさを、今でも時々思い出します。

Audiostockで使用権を購入する

関連情報

A’s Music Channel

楽曲の二次使用について