フライト前夜、新しい暮らしを前に思うこと

備考録

札幌へのフライトを控えて手持ちぶさ。今日は静かに時間を過ごします。

それにしても、我ながら大胆、思い切って引っ越しを決めてしまったなと思いますが、新しいことを始めるにはそれなりの勢いとエネルギーが必要。

引っ越しは家探しから始まり、家具の新調、ネットの手続き、電気ガス水道などの手続き、住所変更等の手続き、そして引っ越し業者選び、住む場所を変えるというのは、本当に一大プロジェクト。

今回、久々に引っ越しをしてみて、改めてそのことを感じます。だからなのか、住む場所を決めることは、人生の進む道を決める上で、大きな選択になるのかもしれません。

今住んでいる場所で暮らし続ける道、決断して新天地で暮らす道、その選択で、きっといろんなことが変わっていくのだと思います。

だから、一度決断を下したら後は進むだけ。新しい暮らしを始めたら、きっと想定外のいろんなことがあるかもしれませんが、それによって、新しい経験が出来るのも確か。

今回はあえて縁起の悪い日を選んで引っ越しを決めました(搬出日を赤口、搬入を仏滅に)が、これはこれから先、何があろうと迷わず進もうという自分なりの決意。

今までの暮らしを続ければ、いろんな面で安定して余裕が持てるのは確かですが、一度きりの人生で求めるのは安定よりも経験。

新しい体験に心を開き、新天地でしか経験できない経験を、思う存分楽しみ、引越前に決めた「これぞ!」と決めた目標を実現したいと思います。

明日明後日、札幌の天気は雪(冬が来るのが本当に早いですね)だそうで、それだけが気がかりですが、きっとなるようになることでしょう。

さて、夜は友人と馴染みの店で一杯。もうなかなか会えなくなるのが寂しいなぁ。

フォローする