夕暮れ時の癒やし曲『ある夏の日の黄昏時』のご紹介

動画のサムネ

楽曲にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

このページではAudiostockで販売、YouTubeで無料公開しているオリジナル曲『ある夏の日の黄昏時』についてご紹介させていただきます。

プロフィールはこちら

『ある夏の日の黄昏時』について

『ある夏の日の黄昏時』はシンプルな味わい深さを楽しむことができる曲です。

ピアノの伴奏にクラリネットのメロディ、そして盛り上がりにあわせて主張せずその音を奏でるストリングスやフルートといった最小限の構成をもとに、心が柔らかくリラックスできる美的なサウンドを楽しむことができます。

優雅でロマンティックなクラリネットのメロディが心にすっと染み入り、夕日が落ちていくそのときに感じるもののあわれを感じることができます。

チャンネル登録する

楽曲データ

作曲年:2004年

制作環境:Logic pro X

使用楽器:エレピ、ストリングス、ドラムなど

テーマ&制作のきっかけ

それは私が20代はじめ、学生時代の夏の日のこと。

すべての大学の講義が終わり南京都の京田辺にある平和堂という施設で、夜から始まるアルバイトの時間待ちをしていたときのことでした。

平和堂を出てJRに向かうとき、ふと空を見上げると真っ赤な夕日が空に美しく映えていました。そして、何の鳥かはわかりませんが、空を自由にかけていく姿を見かけました。

大学時代という、まだ自分が何者でもなく、何かに縛られることもなかったとき。そこに感じたある種の不安定さをともなう自由な感覚は、もう二度とそれを味わうことがない若さであり、その時代を時折、なつかしく感じます。

本曲『ある夏の日の黄昏時』はそのときの淡く適切な言葉を形容できない気持ちを音楽に変えたものです。

そこにあるのは自由への希求かもしれませんし、在りし日への憧憬かもしれません。それが何であれ、この曲は心を洗うための音楽です。

温かい飲み物でも飲みならがら、何も考えず、ただメロディに耳を傾けてください。本曲があなたの心の汚れをそれとなく洗い流し、なつかしい感覚を思い出すきっかけになるかもしれません。

関連情報

A’s Music Channel

Audiostockで使用権を購入する

楽曲の二次使用について