世の中

日常・雑感

名古屋で車を運転するときはいつも名古屋走りが怖い話

名古屋で車を運転するときは安全第一。ただし注意していても、名古屋走りは怖いです。
思想・哲学・人生訓

『国境のない生き方』の読書感想。何度読んでもこの生き方はスゴすぎる!

ヤマザキマリ著『国境のない生き方』です。ボーダーレス。心のままに自由に生きる生き方ができることを実感できる一冊です。
ビジネス・経済

学歴と実力は別。『高学歴社員が組織を滅ぼす』の読書感想

上念司著『高学歴社員が組織を滅ぼす』(PHP研究所)です。本書を読めば今すぐ高学歴信仰の目が醒めてしまう。そんな現実的な内容が満載です。
日常・雑感

税金控除サイトのさとふるを初体験。これは寄付をするというよりも

ふるさと納税のサイト、さとふるを初利用した感想を書いています。ネットショッピング感覚で寄付でき、お得に節税できる。税金対策として検討の価値が、確かにあります。
健康・暮らし

人生はいろんな生き方ある話。『羊飼いの暮らし』を読む

ジェイムズ・リーバンクス 著『羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季』(早川書房)の読書感想です。羊飼いの暮らしを通じ、生きること。働くこと。それは一体何なのか。本質的なことを考えさせられる本になっています。
社会・政治

これが「部下の手柄は上司の手柄」になる理由。『劣化するオッサン社会の処方箋』を読む

山口周著『劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか』(光文社新書)の読書感想です。なぜ今の日本は閉塞感に満ちた未来が見えない社会になってしまったのか。本書を読めばこれからの日本で生き抜くヒントが分かります。
健康・暮らし

これが医者が考えていること。『医者の本音』を読む

中山祐次郎著『医者の本音』(SB新書)の読書感想です。この本を読めば、医者の実態、病院で損しないポイントが分かります。
社会・政治

「日本人の働き方は絶対にへんだ!」というあなたにおすすめ。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』を読む

熊谷徹著『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』(SB新書)の読書感想です。なぜドイツ人は日本人より働かないのに豊かな暮らしをしているのか。その秘密が分かる本です。
社会・政治

この本を読めば、孤独が決して不幸ではないことに気づく。『ある世捨て人の物語』を読む

マイケル・フィンケル著『ある世捨て人の物語: 誰にも知られず森で27年間暮らした男』(河出書房新社)です。文明社会でのしがらみをいっさい捨て、一人孤独に森に隠遁した男は何を見つけたのか。本当の幸せとは何なのか。ここに、そのヒントがあります。
教育・勉強・読書論

これからやって来るのはホワイトカラー大量失業時代。『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読む

新井紀子著『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)の読書感想です。AIの発達によるホワイトカラーの激減など、今後予想される現実的で恐ろしい話が満載です。