本を増やすべきか減らすべきか、それこそが問題だ。『蔵書の苦しみ』を読んで

蔵書の苦しみ (光文社新書)

買った本はどのように保存していくか?

家に溜まっていく蔵書の悩みを書き綴ったエッセイ、岡崎武志著『蔵書の苦しみ』を読んだ感想です。

著者は、2万冊以上の本を所有するという筋金入りの蔵書家。愛書家によるエッセイは読んでいてついつい「そうそう!」と頷いてしまうことばかり。

溜まった本をどうするか

本を所有して、自室に書斎を作り、そこで買った本を本棚に収納。それを眺めて仕事をするのは本好きにとって最高の贅沢。

しかし、日増しに増えていく本は、やがて部屋の主の居住空間を圧迫し、ひどい場合には、本で床が抜けることも。

そうならないためにも、ある時点で、本を処分するか、部屋を変えるか、対応に迫られることになります。

この本では、蔵書を持つ本好きの人たちが抱える事情、本を持つがゆえに悩む人たちの姿が書かれていて、たくさんの本の悩む人には共感できると思います。

本を捨てること

先日、私もここ数年貯めこんできた本300〜400冊を思い切って処分。

本を捨てるのは身を切るような思いですが、部屋の収容能力を考えると、部屋が本だらけだと仕事に支障をきたします。ということで、断腸の思いで決断。

本好きの人にとって、買った本は、きちんと本棚に飾り、整理して保存したいもの。しかし、実際は、収納スペースの関係で、どうしても本を置く場所がなくなってしまいます。

まぁ、整理して本を捨てる必要があるのかもしれませんが、せっかく買った本。大切にして残しておきたい、というのが人情。実際問題、蔵書には「苦しみ」があります。

著者によると、理想の蔵書は「血肉化された500冊の本」ということですが、すごい金持ちになって、自宅ライブラリーを作るのを夢見るのもいいかもしれませんね。

本好きで、かつ部屋の本に悩む方に。

本の購入はこちら 

コメント