【フリーランス・自営業の税金対策】税理士は結局のところ「人」で選ぶのが正解

帳簿付け、めんどくさいー

フリーランスとして仕事をし、仕事が軌道に乗ってくると面倒になってくるのが税金関連のこと。

帳簿をつけ、売上、経費等を正確に集計。

その上で、いくら税金を払えばいいのかを毎年毎年把握するわけですが、これをいい加減にしていると、税務署から「申告漏れ」の指摘を受け、後日ひどい目に遭う可能性も。

そのため、いくら売上があって、経費はいくらで、このような数字は絶対に間違ってはいけない大切なポイントです。

税金をナメてると痛い目に遭う!

とはいえ、この税金関係の仕事というのはハッキリ言って、いくら頑張っても1円の売上にもつながりません。おまけに面白くもありません。

つまり、この手の仕事は建設的な仕事ではなく、自分のすべき仕事に集中した方が毎日が楽しいし売上アップにもつながります。

そこで、私もいよいよ、税理士を契約して、この手の税金のことは、税理士に丸投げすることにしました。

その結果、面倒な帳簿付けの時間が激減。

おまけに青色65万控除という税金がお得になる制度も利用できるようになって(税理士が面倒な複式帳簿をつけてくれるから)、税金面でも多少なりともお得になりました。

そして、普段は税金のことを考えることなく自分の仕事に集中。

いくら売上があって、経費はいくらくらいでなど、最低限のことは把握しますが、それ以外のことは、完全に税理士に丸投げできるようになったので、いろんな意味で余裕ができました。

この体験から、もしあなたが自営業、もしくはフリーランスとしてお金を稼いでおり、かつ、日々の帳簿付に面倒臭さと非合理な何かを感じているなら、税理士の雇い時。

いっそ、帳簿関係は税理士に丸投げするとかなり毎日がハッピーになるかもしれません。

「丸投げ」で自分の仕事に集中できる!

税理士を雇って、いわゆる帳簿代行と決算、確定申告をやってもらう契約をすれば、本当に毎日の仕事が楽になります。

とはいえ、これだけは正直お伝えしたいと思うのですが、税理士といっても本当にいろいろ。

私も、今の税理士と契約するまで、いろんな3人の税理士さんとお会いしましたが、正直人それぞれ。

「この人はちょっとなー」

と心配になる人もいたのが正直なところ。そのため、もしあなたが税理士と契約しようとある税理士と面談したとしても、即決はやめた方がいいかもしれません。

個人的におすすめなのは、税理士の紹介サービスを利用して、最低3人、税理士と実際に会ってみることです。

そうすれば、結局契約は税理士さんの人柄。

「この人は信頼できるか?」

という点で契約を決めることが大切です。

結局は信頼できそうかどうか

税理士さんも本当にいろいろで、気になることをメールしたら丁寧に返信してくれる人。なかなか返信してくれない人。

いろいろいます。

やっぱり、お金のことはとても大切です。とくに、帳簿付けは丁寧な作業が必要で、個人だからといってテキトーに処理されて、間違いがあっては大変です。

だからこそ、結局は信頼できるかどうか。税理士との面談時、人柄に着目するのが一番ではないかと感じました。

それで私の税理士の人は比較的若いですが、フットワークが軽く、気になることはすぐに聞いて、そしてすぐに答えてくれます。

今後致命的な問題がないかぎりは、ずっと今の先生にお願いしたいと思っています。

ということで、もしあなたが帳簿付けなど、税金の仕事にメンドーを感じており、税理士を探そうと思ったらぜひ、人柄に注目。

何人かの先生と面談し、ぜひ、「この人は信頼できる!」と思った先生を選ぶことをおすすめします。

こちらのサービスを使えば、税理士を紹介してもらい、納得のできる先生を見つけることができます。参考にしてみてください。

自営業・フリーランスのための信頼できる税理士の見つけ方