長岡藩近代化を先導した男の生涯。『河井継之助 近代日本を先取りした改革者』を読む

河井継之助 近代日本を先取りした改革者

安藤優一郎著『河井継之助 近代日本を先取りした改革者』(日本経済新聞出版社)の読書感想です。

この本について

幕末、長岡藩で執政を執った河井継之助を、現実的な視点から評価している本。

河井継之助といえば、長岡という小さい藩ながら、軍政改革を実施し、戊辰戦争においても武装中立を掲げ、独自の存在感を示したものの結局官軍と戦うことになり敗北。

「悲劇の死を遂げた英雄」的なイメージで語られることが多い男です。

本書では、歴史的な資料に基づき、河井継之助の性格。価値観。行動を詳細に分析。なぜ、彼が失敗してしまったのかを、冷静な視点で語っています。

この本を読めば、河井継之助の出生から藩政に登場するまで、そして、武装中立からその人生の最期まで、彼の一生と人物像が詳しく理解できます。

感想など

なぜ継之助が「武装中立」という中途半端な決断をしたのか、ずっと疑問に感じていたのですが、この本を読んで、その理由が納得。

本書では、河井継之助の性格を「気が強く自分に過剰な自信を持っている」と分析。

だからこそ、武装中立という「傲慢」な選択を選び、挙げ句官軍との交渉も失敗。結果、多くの犠牲を強いることになってしまった点を冷静に批評しています。

才能換気に溢れた人物であるのは間違いないものの、自信家かつ傲慢で一本気な性格によって、悲劇的な最期を迎えることになってしまった。

素晴らしい才能を持っているのに、明治政府で生かすことがなかったのは非常に遺憾というのが、本書の河井継之助像になります。

後世に生きる我々としては、歴史とは結果論。「こうなってしまった」という現実を無視することができません。

大切なのはいくら理想が高くても、現実はどうなのか、ということ。上に立つものとして、真っ先に何を考えるべきなのか。何を優先すべきなのか。

河井継之助の人生を知れば知るほど、そのことを深く考えざるをえません。

本の購入はこちら

コメント