フリーランスは安定よりも自由を優先する働き方

後ろ姿の男

大学を卒業して臨時職を経てフリーランスに。しかし収入の不安定さに悩み、30歳前に常勤職へ転職。しかし結局「この道より我を活かす道なし」と再度フリーランスに。

紆余曲折はあったものの、今はフリーランスとして、前職を上回る収入を得ることができています。働き方が決まれば、人生の方向性は定まる。そう感じるこの頃です。

どんな仕事も一長一短

私の周りの友人たちは皆会社員。出勤や人間関係などの拘束があるものの、毎月同じ給与をもらい、会社員として様々な保護を得ています。

最近、「ノマドスタイル」や「これからは会社員はリスクがある!」的なことが言われ、フリーランスを推奨する人々がいますが、実際には会社員には会社員のメリット・デメリットがあり、フリーランスにはフリーランスのメリット・デメリットがあります。

結局、どの道をいこうが、何らかの問題で悩み、苦しむことになります。そこで問題なのは、自分がどんなライフスタイルを送りたくて、どんな暮らしがしたいのか、という問題です。

人並みに働いて、毎月安定した生活を送ったり、人付き合いなど、世間や周囲の人たちから外れないよう、無難に生活したい人は、会社員が一番でしょう。人間関係もできますし、会社勤めは世間体が良いです。

まぁ、その代償として、理不尽な人間関係(上司や部下、取引先、お客など)、職務内容に自由がなく、会社の方針に合わせていろいろ我慢する必要がありますが。

収入は不安定なフリーランス

フリーランス(個人事業主含む)は、自己責任の働き方ですので、収入が突然0円になるリスクもあります。仮に、今月50万円の収入(経費を差し引いた金額)があったとしても、来月も同じ収入があるとは限りません。金銭面では、かなり不安定です。

反面、嫌な仕事は断れますし、自分の得意なこと中心に仕事を選べば、仕事自体が楽しくなります。というより、「働いている」という実感がなく、お金が稼げます。これがフリーランスの良さであり、私がフリーランスという働き方を選んだ理由です。

宮仕えは難しい

私は30になる直前で収入のことに悩み、一度フリーランスをやめています。それである常勤の仕事に採用されたので、そこで働いたのですが、人間関係、理不尽なトラブルにあい、「自分には宮仕えは無理」ということを悟りました。

つまり、「この分野で頑張っても、自分は生き抜けない」ということを自覚したのです。そこで考えたのが、「どんな仕事をすれば、自分の得意な部分を全面に活かせるだろうか?」ということ。

何をしても問題が起こるなら、後悔のない道を行きたい

結局、どんな仕事でも問題は起こります。ただ、自分が得意なこと、苦痛を感じないことなら、その分野で高い技術を獲得できるので、成功できるチャンスも生まれます。

逆に、自分が苦手なこと、やっていて苦痛を感じることを仕事にしていたら、仮に収入が安定しても不安で、不幸せです。苦手なことをしていても、いけるところは限られているので、そこに活路は見いだせません。

ということで、結局自分が一番のびのびと仕事出来る環境を選んだ結果がフリーランスという労働形態です。おそらく、60を越えても引退はできないでしょうが、それはそれでウェルカムです。

仕事して過ごす時間が人生の質を決める

「どんな仕事をするか?」「どうやってお金を稼いで生活していくか?」という問題は、おそらく人生の質を決める大きな要素です。

何だかんだいって、人は1日の大半を働いて過ごします。であるならば、その時間をどのように過ごすか、どう感じて過ごすかは、まさしく人生をどう過ごすかという問題に他なりません。

フリーランスとして働くこと、会社員として働くこと、方法はいろいろあります。問題は、自分にとってどんな働き方が一番なのか、ということです。

仕事を選ぶのも、周囲の情報に惑わされず、自分の正確、得意なことや苦手なこと、やりたくないこと、ライフスタイル、様々なことを自己分析し、検討してみることが大切なのかもしれません。