妻の浮気から、男は人生をやり直す。映画『うなぎ』を観る

うなぎ 完全版 [DVD]

妻が浮気をしていた。男は人間不信になった。信じられるのはペットのうなぎだけになった。

役所広司&清水美沙主演、『うなぎ』(1997年)の感想です。

あらすじ

サラリーマンの山下拓郎は、ある日匿名の手紙を受け取ります。内容は妻の浮気。山下が趣味の釣りに出かけている間、妻が男と常時を重ねているという告発です。

山下は手紙の内容を心のどこかで否定しつつ、妻を信頼しようとしますが、ある晩、山下は浮気の現場に遭遇。妻が見知らぬ男と獣のような行為にふける場面を目撃してしまいます。

我を失った山下は妻を刺殺。その後、山下は自首しますが、逮捕され、刑期を勤めることになります。8年後、山下は刑務所を仮出所。理髪店を経営して静かに暮らそうとしますが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

山下は、妻の浮気が原因で人間不信に陥ってしまった男で、心を開ける相手はペットのうなぎだけ。刑務所に入って仮出所、その後いろんな人達の手助けによって、理髪店を開くのですが、挙動不審、人間不信は相変わらず。

そんなある日、山下の店の近くで倒れている若い女性、服部桂子を発見。彼女はとある理由で自殺を図るのですが、山下に発見され助かります。

その後、服部は山下の店で働くことになるのですが、それぞれ事情を持つもの達が、自分の人生に折り合いをつけていく様、人生を取り戻していく様が、何ともしみじみする映画です。

特に、山下演じる役所広司さんの演技がこの映画の全てといって良いほど際立っていて、感情を表に出さない、複雑な過去を持つ山下を、見事に演じきっています。

妻の裏切りを知り、感情を爆発させるシーン、理髪店での服部との関わっていく様などは、まるでこの現実世界に山下拓郎というお事が存在するかのような錯覚を覚えるほどのリアリティを感じさせます。

人間不信の中年男が田舎町でほそぼそと人生をやり直す。その結末は、ハッピーエンドを期待したいものです。現実の人生でも。

DVDの購入はこちら

うなぎ 完全版 [DVD]