『心を動かす 無敵の文章術』の読書感想。文章力とは世の中を生き残る力!

文章力は現代における力。人に伝わる文章が書ける人。人を動かす文章が書ける人は成功できる。

そのことが分かるのがこちら。千田琢哉著『心を動かす 無敵の文章術』(マガジンハウス)です。

スポンサーリンク

『心を動かす 無敵の文章術』とは

本書は150冊以上のベストセラー作家が自身の文章作成ノウハウについて、簡潔かつ分かりやすく、説明している本。

柱となるのは、

1.結論

2.数値

3.3行

この3つの視点。

本書を読めば「ですます」などの話から、文章構成の枠組みの作り方、読み手の感情を動かすための文章の仕組み。

かなり細かい点まで、具体的に述べられています。

結論→理由→具体例という公式の説明も本当に分かりやすい!

控えめに言ってもこの本は、かの伝説のライティング本である某書と謙遜ない素晴らしい知識が学べる本です。

「分かりやすい」という最強の武器

個人的に千田琢哉さんの本を全て読んでいるわけではないですが、タイトルが気になった本はすぐに購入して、できる限り読むようにしています。

その理由は分かりやすさ。ともかく主張がシンプルで分かりやすい。かつ、エモーショナル。

その感覚はまるで、コカ・○ーラを飲んだときのような、スカッとした爽快感があります。

それで、一体どんな理由で千田琢哉さんの文章は爽快感があるのか?『心を動かす 無敵の文章術』を読んでその理由に納得。

「そういう仕掛けで文章が書かれていたのか!」と、勉強させてもらいました。

最後に

結局のところ、文章に難しい言葉は必要なし。

なぜなら読み手に伝えたいことを伝えることが、文章を書く一番の目的だからです。

自分をかっこよくするために難しい言葉。言い回しを使う必要などなく、シンプル。短く。分かりやすく。

それらを意識することこそ、文章業の真髄であることを実感できます。

ということで、文章を書くことに何らかの意味と理由をお持ちの方は、『心を動かす 無敵の文章術』を一読することをおすすめします。

極めて簡潔。分かりやすい内容でありながら、現実的な文章作成のノウハウが凝縮されています。

文章を書くのに難しい話は不要。ともかく読み手に伝わること。読み手の心を動かすこと。その重要さを、実感することができるでしょう。

本はこちら

コメント