『読書をお金に換える技術』の読書感想 – 現実主義者のための読書術

読書をお金に換える技術

人生は、一冊の本との出会いで変わる。

千田琢哉著『読書をお金に換える技術』(ぱる出版)の読書感想です。

この本について

読書を収入をテーマにした本。

いろんな本を読んでいくことは、それ自体が出会いの1つであって、本を読めば読むほど、いろんな可能性が広がっていくことが分かる内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

小説が人生の役に立つ理由(P35)

一般的に、小説は物語で作り話だから、人生で役に立つことはないと思われている。

しかし、人の心を打つ小説は、現実でありうることばかり。だから人の心を打つ。小説から学べることもたくさんある。

落ちこぼれ本はウソが多い(P43)

落ちこぼれ本の流れはだいたい同じ。

1・自分はこんなにもダメ。

2・そこから努力した。orこんな幸運なことがあった。orその両方。

3・結果、成功した。

4・あなたも同じ。私と同じようになれる。

「ダメだった自分がこんな風に変われた、だからあなたも変われる!」というのがテンプレ。ほらや誇張が含まれているので、そのまま信じてはいけない。

20年以上増刷を繰り返している自己啓発書は読んでおく(P71)

世の中には、インチキで役に立たない本があるが、本当に人生で役に立つ本もある。

20年以上、繰り返し増刷されている自己啓発書は役に立つ。バカにせず、読んでみるべし。

年収は100冊単位で伸びていく(P140)

読書を始めて変化が実感できる数字が100冊。本を100冊読み終えていくこと、いろんな変化が出てくる。

まぁ、ともかく本は読んでいくこと。

感想など

なぜ本を読むことが大切なのか、「ネットの情報はサプリメント、本を読むのは食事」とある有名な先生は言っていました。

確かに、情報を得るだけなら、ネットで十分。しかし、本を手にとって読むことは、それ自体に何か意味があるのではないか。

本を読むたび、そんなことを実感しています。

ある問題に悩んでいて、本屋さんに行き、気になった本を買って読む。すると、そこから思いもよらぬヒントが見つかり、問題への答え、アプローチが見つかる。

こんなことが現実あって、「読書は面白い!」と思っています。

まぁ、本を読んで収入が伸びるかどうかは不明ですが、個人的には、読書は一生続けていきたいと思っています。

本の購入はこちら

コメント

  1. テル より:

    いつも拝見しています。
    ノエルギャラガーの記事がきっかけでしたが読書と音楽が趣味と言うことで勝手に共感をしていて、しかも記事に紹介されている本の傾向も自分がとても好きな分野ばかりなので尚更です。
    今回の千田琢哉さんの本は本屋で手に取って立ち読みし、とりあえず読書をしろってことだなと解釈して棚に戻しました。
    読んだ本の感想はとても面白くて有り難いです。
    今後も読書の感想、音楽の感想、ギターの事などを書かれるのを楽しみにしています。

    • akit723 名無しのライター より:

      テルさん、コメントありがとうございます。
      <今後も読書の感想、音楽の感想、ギターの事などを書かれるのを楽しみにしています。 ありがとうございます。興味本位、気ままに記事を書いていますが、1つでも面白いと思ってもらえたら幸いです。