『「ビジネス書」のトリセツ』の読書感想 – これなら分かる!ビジネス書の仕組み

「ビジネス書」のトリセツ

ビジネス書の仕組み&パターンを分かりやすく解説。

水野俊哉著『「ビジネス書」のトリセツ』(徳間書店)の読書感想です。

この本について

ビジネス書の仕組み、パターン、効率的な読み方を解説している本。

本書によると、出版されているビジネス書にはパターンがあって、そこを押さえて読書をすることで、よりビジネス書を効果的に活用できるようになるそうです。

以下、本書の読書メモです。

ビジネス書を読んでも効果がでない理由(P32)

ビジネス書を読むことで人生や仕事に役立つ知識が身につくが、ビジネス書は読むだけでは役立たない

1・本を読むだけでは効果なし、書いてあることを行動に移す。

2・誤読しない。

3・今の自分に役立つ適切な本を選ぶ。

ビジネス書を役立てるため、この3点を意識することが重要。

効果的な読書法(P79)

ビジネス書を効果的に読む5つの方法。

1・本を読む目的を明確にする。

2・目標を立てアファーメーションする。

3・本の大事な部分を見つけて読む。

4・集中する。

5・何度も読む。

ビジネス書の注意点(P130)

ビジネス書は、一般の読書に役立つように書かれている本がある一方、ビジネス書は著者のゴールセッティング

・本はフロントエンド、本に挟んだチラシで高額商材へ誘導する。

・本を出して顔を売り、有名になる。ゆくゆくは政治家を目指す!

など、著者の目的のため、出版されている本が多い。

ビジネス書の背後にある「大人の事情」を察した上で、ビジネス書を読む。

感想など

ビジネス書の仕組みや構造が分かりやすく理解できる本。

この本では売れている本にはパターンがあって、「こう読んでいけばこう理解できる」的な視点を持つことができるので、読書の幅、読み方に変化が出そう。

ビジネス書は手軽に読める本が多いので、出来る限り読んでおくと、「あれ、この場面は本で読んだことに書いてあったぞ!?」と役に立つことが来るかも。

本の購入はこちら

「ビジネス書」のトリセツ