『モチベーション・アップ法 』の読書感想 – 心理学者が教える人のやる気を引き出すコツ

モチベーション・アップ法

「やりがい」のある働き方をするために知っておきたいこと。

田尾雅夫著『モチベーション・アップ法 』(PHP研究所)の読書感想です。

この本について

仕事とモチベーションアップの方法を分かりやすく学べる本。

「やる気を高めて仕事を頑張っていくにはどうすればいいか?」

「モチベーション・ダウンで心折れないためにはどうすればいいか?」

など、心理学を根拠にしたアドバイスが満載の内容になっています。

以下、本書の読書メモです。

はじめに、モチベーションとは(P14)

モチベーションは動機付けのこと。

何か欲しいもの、成し遂げたいことがあって、それを達成するための意欲をモチベーションと言う。

働かないということ(P21)

働かない、無職であるということは、お金(収入)などの生きていく糧を得られないだけでなく、自分を生かす場所をが得られないということ。

働かないことは生きがいの喪失。寂しい人生の原因になる。

生きていくためのモチベーションの考え方(P23)

やる気に支えられて生きていくためには、

1・太く短く生きる。

2・細く長く生きる。

この2通りの考え方がある。

青い鳥を探してやる気を燃焼させて生きるか、それともつまらないこともほどほどに、必要なだけやる気を出してまったり頑張るか。

やる気を出して生きていくにもいろんな方法がある。

ダメ社員の役割(P40)

どの組織でも2対6対2の法則が発動する

社員10人のうち2人が一生懸命働き、6人が普通に頑張る。そして残りの2人が全然働かない。

どんな組織にも、箸にも棒にもかからないダメ社員が生まれる。

彼らを働かせようという考え方もあるが、一定の割合でダメ社員がいるのは、組織が健全性を保つ上で、意味があることなのかもしれない。

モチベーションを高めるために(P53)

モチベーションを上げるための3つのルール。

1・目標が明確であること。

2・納得できる目標であること。

3・達成可能な目標であること。

内発性と外発性(P65)

モチベーションには内発性と外発性、二種類ある。

内発性は「自分から頑張ろう!」と思うもの。外発性は外部からの刺激(お金、人など)によるもの。

内発性と外発性、モチベーションの内容によって、やる気、意欲等の動き方、発揮の仕方が変わってくる。

無視できない人の気質(P98)

人にはその人を内部から支えている気質がある。

気質は変えようのない人の本質的なもの。気質を無視した選択は人生を不幸にする原因になる

内向的な人はやっぱり内向的だし、外交的な人は外交的。気質に合う仕事を選ぶことが一番。気質に合う仕事の方が、モチベーションを発揮しやすい。

人相手の仕事は疲れる(P133)

誰でも、人相手の仕事は疲れる。

人を相手にするときは、自分という人格の外に、相手に迎合するための人格を作る。それによって、合わない人でも、上手く合わすことができる。

しかし、それはとても疲れること。自分とは違う人格を演じ続けることは負担が大きい。たくさんのエネルギーが必要。

対人サービスの難しさ(P142)

人相手の仕事は完全なマニュアル対応ができない。

人には感情があり、感情によって、同じ対応でも上手くいくときいかないときがあるので、一筋縄にはいかない。

良かれと思ってしたことが悪くとられたり、気持ちをこめて対応したのに怒られたり、人相手のサービスは難しい。

だから、人相手の仕事の職業の人は病んだり、バーンアウトになりやすい。

人からどう見られているかを意識すること(P156)

人と仕事をするときに意識しておきたいのは、「自分が相手にどう見られているか」ということ。

人は印象によって態度や対応が変わってくる。悪い印象を持たれると、のちのち苦労する。

嫌いなやつとは上手くいかない(P162)

結局、人には相性がある。

嫌いな人、好きになれない人は、ある程度の努力で何とかなる部分もあるかもしれないが、やはり難しいものがある。

最初の印象は案外正しくて、「こいつは嫌なやつだ」と思った人と無理に付き合うのは難しいし、良いことも少ない。

人間関係、無理なことは無理と、ある程度割りきった方がいい。

「オレオレオレ」の人は遠ざける(P165)

人間関係は互恵関係が基本。

一方だけがメリットを受け、一方が損をする関係は長く続かない。お互いイコール、与え合う関係が長続きする。

与えっぱなしorもらいぱっなしではダメ。自分だけもらうとする人には手抜きして、適当に対応する。

バーンアウトについて(P181)

燃え尽き症候群について。

理想を持ち、真面目にコツコツ進んでいく人ほど、バーンアウトの罠に陥りやすい。理想が高いがゆえ、理不尽な現実を目の当たりにすると、心が折れてしまいやすい。

理想を持つのはいいが、世の中は灰色、白黒はっきり区別をつけず、多少の柔軟性が必要。理想主義者は要注意。

細く長くが続く(P224)

世の中、何事も自分の思い通りにいくとは限らない。

ガンガン努力して頑張ったことが全然ダメなこともあるし、ほどほど続けていたことが、大きな収穫をもたらすこともある。

大切なのは心折れず、続けること。気張りすぎず頑張りすぎず、細く長く続けていくことが大切。

人の器について(P227)

人にはそれぞれ相応しい器がある

自分のことを過大評価して、必要以上の地位を目指すと、それが周囲だけでなく、自分自身を不幸にする。

果てしない名誉欲にとらわれ晩節を汚す人がいるが、それは自分の器を超えたものを手に入れようとするから。

どんなときも、「自分はこれくらいだ」という謙虚さ、冷静な判断力を失わないこと。

得意なこと、苦手なことを区別して、勝てる場所、できることだけ勝負をする。挑戦するなら、勝てる見込みがあることを選ぶ。

若いうちは若気の至りで負け戦をしてもいい。それが学びになる。しかし、ある程度の年齢に達したら、勝てない戦いはしない。

若いときは再起のチャンスがあるが、年を取ったら負け戦が致命傷になる。戦うときは老練さと慎重さを持つこと。

諦めるということ(P235)

何が何でも頑張る、そんな高度経済成長の価値観も大切。

しかし、世の中複雑になり、頑張れば報われる時代が終わりつつある。

今や、頑張っても報われないこともある時代になった。そこで、「これ以上頑張っても報われないな」と判断したら、すぐにやめてしまうという判断も必要。

早めに撤退すれば、労力を保存でき、可能性のあることに力を注げる。今の時代、ムダな努力はしない方がいい。

何かに挑戦するなら、努力が報われるかどうかを判断、ダメなら早めの損切りが必要

感想など

「仕事頑張ろう、これから○○を達成しよう!」

前向きな行動を起すために必要なのがモチベーション。

自分がどんなときやる気になって、どんなときにやる気を失うか、それを理解しておくことは、仕事だけでなく、人生の豊かさに影響する重要なもの。

やる気が高まれば、仕事でも人間関係でも、前向きに頑張ることができますが、やる気がないときは頑張ってもなかなか上手くいかず、結果も残念なものに。

だからこそ、自分で自分のやる気を高めるノウハウが必要なのかも。

「こういうとき自分はやる気になる!」というポイントを押さえ、自分で自分を叱咤激励したいものです。

本の購入はこちら

モチベーション・アップ法