知るべきは買ってはいけない理由。『不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ』の読書感想

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ (扶桑社新書)

持ち家はOK、でも新築マンションだけは絶対ダメ!?

城戸輝哉著『不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ』(扶桑社新書)の読書感想です。

この本について

「賃貸はやめて、そろそろマンションでも買うか」と思ったら読んでおきたい本。

家を買うかどうか、持ち家かマンションか、人生には決断のときがありますが、その決断は絶対に失敗できない大きい決断。

では失敗しないためにはどうすればいいか?この本の知識が、きっと参考になることでしょう。

以下、本書の読書メモです。

日本の現状とこれから(P19)

まず知っておきたいのが日本の現状。

日本は家あまり、マンションあまりの現状があって、これからは少子高齢化が進み、ますますその傾向が強まっていく。

ということは、家がたくさんあるにも関わらず、住む人が少ない状況になって、持ち家、マンションはよほど買う前に考えておかないと、将来損をしてしまう。

マンションは管理費などの維持費もかかるし、手放そうとしても売れなくなってしまうリスクもある。ローンを組んでまでマンションを買って将来後悔したら最悪。

考えうるリスク、マイナス面は、マンションを買う前に知っておくべし。

新築物件で得をする人々(P24)

日本は将来人口が減少し、空き家が増加するのは間違いない。にも関わらず、新築物件がどんどん建てられている。その理由は、そうしないと儲からない人たちがいるから。

日本の物件、特に新築物件至上主義の傾向は、不動産業界と建築業界、そして金融業界の人たちが潤うためのシステム。

不動産業界は新しい物件を紹介・販売で儲け、建築業界は家のデザインなどの仕事で儲け、金融業界は消費者にローンを組ませることで儲かる。

一方消費者はというと、

・新しい物件がどんどん増える→買った物件の価値が下がる

・購入のためにローンを組む→ローンに縛られ生活が不自由になる

・新興住宅地にマンションを買う→多摩ニュータウンのように将来はゴーストタウン化するリスクあり

など、消費者にはデメリットや不安要素が多い。

家、マンションが欲しくなっても、メリットばかり考えず、現実的なマイナス面を知っておくことが大切。

増税ブームに惑わされない(P56)

近年は「増税が始まります、だから税金が高くなる前にマンションを買いましょう!」的なキャンペーンでマンション購入を煽られているが、絶対に焦って買ってはいけない。

キャンペーンに乗せられてしまうこと=売る人のカモになってしまうことで、なぜマンションを買う必要があるのかなど、本質的なことを考えずに決断をしてしまい将来後悔する。

「今が買い時!」などの意見、宣伝は全部無視で良い。家を買う、マンションを買うということは人生計画に大きな影響あり。どんな家をいつ、どこで、どんな方法で買うかは、文字通り今後の人生を左右する大きなポイントになる。

だからこそ、家を買うときは慎重過ぎるくらいが十分。買った後に後悔しないために、物件を買う理由、意味、ライフスタイル、じっくり考えて検討することが大切。

家は自分のタイミングで買うこと

不動産業者を訪ねる前に(P80)

家を買う=将来どんな人生が送りたいのか。

ライフスタイル、暮らし、家選びは人生と密接な関係あり。「自分はこんな人生を送りたい、だからこんな環境で、部屋の広さはこれくらいで」というような、人生イメージを持って家を探す。

そうすれば、それに相応しい物件を絞れ、不動産屋へ行っても、むやみにセールストークに乗せられることはない。

購入を考えたときの3つのチェックポイント(P87)

家を買うときは、手放したときのことも考えて。人生何があるか分からないこそ、買う前に「まさか」のリスクを想定すべし。

家を買う前に考えるべきことはこの3つ。

1・ローンの支払額、管理費等に余裕が持てるか?金銭面で不測の事態に対処できるか?

2・人生設計で不測の事態が起こったときに対応(手放すか維持するかの選択ができるか)できるか?

3・ローンを支払い終えたときに資産にできるか?人に貸して利益が出せる物件か?

住まい暮らしのコンセプト(P98)

家を買う、それはすなわち、「自分はこんな暮らしがしたい!」という意志表明であり、その暮らしを実現できる家を探すのが基本。

それと同時に、お金のことも考えておくことが大切。その物件を買ったあと、きちんと売れるのか、もしくは貸せるのか、そういうことも考えて家を探す。

立地こそ最優先(P119)

物件選びで絶対に欠かせない、再優先すべきなのはまず立地。

どんな場所に住むのか、それは文字通り、一生を左右する大きな問題。住む場所が変われば人、店、いろんなものが変わる。

住みやすい立地あれば住みにくい立地あり。環境の影響は予想以上に大きい。だからこそ、環境は絶対に譲ってはいけない。

感想など

「安易に新築を買ってはいけませんよ、こんな家を買う方法もありますよ」と勉強になった本。

早い話、「新築ばかり目を向けないで中古も検討しなさい」的な内容ですが、中古に目をつけるのも、確かにありだと思いました。

新しいマンションは、設備とかいろんな面で魅力があるのも間違いないですが、マンションはマンション。住んでみないと実際のところは分かりません。

上や下、隣に騒音一家が引越してきたらどんなマンションでも失敗。快適な生活はできなくなってしまいます。

おまけに、新しいマンションは管理状況がどうなるか分からないので、管理が悪くなってマンションの環境が悪くなる可能性もあります。

一方、中古マンションの場合は、住人も既に決まっていてどんな人が住んでいるか分かっていて、管理がちゃんとされているかどうかは一目瞭然。

本書で提案されているような、中古マンションを買ってリノベーションして住むというのも、一つの選択肢になるのは確かだと思います。

新築マンションで怖いのは、やっぱり皆新しく引越してくる人ばかりなので、どんな人が隣人になるのか、購入後にしか分からないところだと思います。

マンション選びは現実問題、集合住宅はゴミ出しのルールを守らない人、共有部分に私物を置くマナー意識に欠けた人、音に鈍感で騒音を撒き散らす人、快適な生活が失われるリスクがいろいろあります。

賃貸なら引っ越しできますが、買うとそうはいきません。そこが難しいところですが、でも環境の良い場所で快適なマンションを変えたら、それこそ暮らしは落ち着きます。

まぁ、焦らずじっくり、いろんなリスク、マイナス面をじっくり調べて決断することが大切なのかもしれませんね。

本の購入はこちら