真田を云て、毛利を云わず。『真田より活躍した男 毛利勝永』を読む

真田より活躍した男 毛利勝永

豊臣家最後の名将の生涯と実像。

今福匡著『真田より活躍した男 毛利勝永』(宮帯出版社)の読書感想です。

この本について

戦国時代最後の合戦となった大坂夏の陣。

この戦いによって、豊臣家は滅び、徳川家の時代が到来。江戸時代が本格的に始まるわけですが、大坂夏の陣といえば真田幸村。

負けることを知りつつ、武士の華を咲かせようと家康の本陣に三度突撃。

三方原の戦い以降決して倒されることがなかった家康本陣の馬印が倒されるほど、家康は窮地に追い込まれます。

この戦いで、真田幸村の名前は歴史に「日の本一の兵」と永遠に刻まれることになりました。

ところが、幸村と同じく、いや、もしくはそれ以上の活躍をしたにも関わらず、歴史から忘れられてしまった男がいます。

それが毛利勝永です。

大坂夏の陣では、正面軍として徳川軍と相対。

徳川四天王の一人として武勇を誇った本多忠勝の息子、本多忠朝の首をとり、小笠原家の当主や一門をあの世送りにするなど大活躍。

そして徳川家康本陣にも切り込み、撤退戦においても大坂城へ逃げ込む味方を守る盾となり、あの藤堂高虎や井伊直孝らと対峙。

徳川方の一軍に大打撃を与えています。

このような大活躍をしたにも関わらず、毛利勝永の名は歴史のなかに埋もれて、後世の人は「真田を云て、毛利を云わず」と語ったと言います。

本書は、幸村と同等、もしくはそれ以上の活躍をしたにも関わらず、幸村に美味しいところをもっていかれてしまった男の生涯を詳しく追いかけていく一冊です。

大坂で活躍したのは幸村のみにあらず。ここに、まさに武士の華を大きく咲かせた偉大な武将がいたことに驚く内容になっています。

感想など

近年、毛利勝永の名前が知られるようになってきて、『信長の野望』でも統率や武勇が80以上の名将扱いになってきるものの、まだまだ知名度はいまいち。

本書を読むと、幸村が家康の本陣に突撃ができたのも、毛利勝永の軍が正面軍として大活躍したからで、正面の毛利、奇襲の真田で、この2人が揃ったからこそ、大坂夏の陣。

最後の華を咲かすことができたことが分かります。

ただ、あまりにも幸村の家康本陣突撃の話が目立つがゆえ、それを支えた毛利勝永の功績は陰に隠れてしまっているのが残念なところ。

幸村は幸村で素晴らしい。それと同じく、毛利勝永という素晴らしい名将がいた。そのことを世間に周知する上で、本書は大きな価値があります。

ということで、

「大坂夏の陣でそんな活躍した男がいたのか」

と思ったら、ぜひ本書をお読みいただければと思います。

その功績の大きさ。活躍の華々しさに、心が驚くことでしょう。

本の購入はこちら

コメント