『人間力の磨き方』の読書感想 – 「人生、何となく生きていいのか?」と悩んだら読む本

人間力の磨き方

結局は、自分と向き合うことが人生を変える道。

池田貴将著『人間力の磨き方』(きずな出版)の読書感想です。

この本について

「私はこんなふうに人生で試行錯誤してきた」という著者による自己啓発本。

人生で悩み、自分を高めるためにはどうしたらいいか、悩みながらも前に進もうとする著者の姿勢に共感。

「オレも頑張ってみるか!」と刺激を受ける内容となっています。

以下、本書の読書メモです。

自分に誠実であるということ(P8)

自分の気持ちを大切にして生きることは難しい。

しかし、自分に誠実になり、本音で生きるようになると、同じ想いの人とつながることができる。

現実逃避はたやすい(P22)

辛い時、思い通りにならないとき、気休めの現実逃避として、マンガやゲーム、いろんなところに逃げ道はある。

確かに、逃げることで気持ちは楽になるが、現実は何も変わらない。現実逃避しても、あるのは相変わらず惨めな状態だけ。

結局最後には、現実と向き合うほかない。

逆境こそ頑張る(P25)

人生だれでも順境と逆境がある。

人生、思い通りにいき、辛いことなく物事が進んでいく状況は楽だが、いつまでもそんな状態が続くことはない。

大切なのは、人生の冬、逆境のとき。

辛らい時期、どうしてもその辛さから逃げ出したくなるが、逆境こそ人を成長させる時期。辛い時だからこそ、自分の根性が叩き直され、人間が磨かれる。

逆境のときは、自分の人間性を高める時期と考え、逆境を受け入れる。

正しいと思っていること(P51)

時に、正しいと思っていることをしていて、思うようにいかないときがある。

そんなときは、もしかしたら、「自分の正しいと思う考えが間違っているかもしれない」と疑ってみる。

正しいと思うことをして、上手くいっていないなら、それは何かが間違っているというサインかもしれない。

偶然の出会いが人生を変える(P91)

求めていない、突然の出会いが、人生を変える。

たまたまの連続で出会った人、予期せぬ出会いでつながる縁、意図しない出会いが、人生の行く道を示す。

管理人コメント

確かにこれはあります。想定外、予想外のタイミングに人と出会い、人生の方向、道が変わってしまう。

「こんな人と出会いたい!」という希望していたわけではなく、本当に重要な縁は、ある日突然現れる。不思議なものです。

本を読むだけでは人生は変わらない(P144)

本を紐解けば、人間関係や成功、様々な分野の知識を得ることができる。

しかし、ただ本を読むだけでは、人生は何も変わらない。本はあくまできっかけ、大切なのは、自分自身が、人生と向き合うこと。

感想など

結局、最後には人間力を磨くことが人生を決める、それを実感できる本。

己の人間力が試されるのはいつも突然。悩んだり苦しんだり、そんなときに「お前はどうするんだ?」と選択を突きつけられることになりますが、こういうときこそ人間力の発揮のしどころ。

人間力がないと、甘い方、簡単な方へ逃げてしまい、本来行くべきはずだった方向からズレてしまいます。

まぁ、長い目で見ると、甘い方へ逃げるのも1つの必要な経験ですが、やはり、最後には、結局向かい合うことになります。だからこそ、己の人間力を高め、いつも最善の選択ができるようにしたいものです。

本はこちら