だから男は旅に出た。『幸福の黄色いハンカチ』を観る

あの頃映画 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010 [DVD]

女にフラれた。だから男は旅に出た。

日本の名作ロードムービー、『幸福の黄色いハンカチ』の感想です。

物語について

失恋してヤケを起こした花田欽也(武田鉄矢)は、突然旅に出ることを決めます。仕事を辞め、マツダのファミリアを買い、フェリーに乗り北海道へ向かう花田。

旅の中で、男としての本能を隠そうとしない花田は、旅先で片っ端からナンパ。影のある女性、朱美 (桃井かおり)のナンパに成功。車に朱美を乗せ、ともに北海道を旅することに。

旅の途中、海岸で写真撮影をしようとした花田と明美は、一人海岸に佇む男、島勇作 (高倉健) と出会います。旅の目的を決めていないという島に、花田は一緒に旅をしようと提案。三人で旅をすることになりますが・・・。

トレイラーはこちら

感想など

女にフラれた男が気分一新のため旅へ。笑いあり涙あり、観ていて気持ちの良いロードムービーでした。登場人物もみなほのぼのとしていて、キャラに味があります。

印象的だったのは武田鉄矢さん演じる花田のDQNぶり。ガツガツのナンパ野郎で、このヤロー、バカヤローなどDQN丸出しぶりの言葉遣い、前に走る車を煽ったり、運転中に前を走るバイクに「北海道の百姓が!」と暴言を吐いたり、DQNぶりに笑えてきます。

一方で、花田に同行する高倉健さん演じる島は、スジの通った凛とした日本男子。過去に思いものを背負っていて、捨てきれぬ想いや後悔を抱えています。結果的に、島の抱える想いの結末が、映画の一番の見どころになります。

それはおいておいて、映画に出てくる風景が、明るくのどかな雰囲気が漂ってきます。この映画は昭和52年公開ということだそうですが、こんな純粋な物語が成立した当時の日本は、映画のようにのどかで明るい雰囲気だったのでしょうか。

映画のDVD詳細はこちら

あの頃映画 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター[DVD]